« 手作り食について思うこと | トップページ | フィラリア、ノミマダニの予防が始まります »

2020年3月15日 (日)

ご相談が多い病態に関しまして

こんにちは。KONTANIです。

.皮膚病

2.膀胱炎、結石症
3.下痢
4.胆泥(胆嚢トラブル)
5.腎不全
6.後駆不全
7.てんかん含む発作

8.腫瘍

上記に挙げた8つの病態は、当院にご相談が多い病態をピックアップしてみたものです。
それだけ、悩まれている方が多い(西洋医学で結果が出にくい)病態なのだろうと思います。

上記の病態に対して当院では

・食事および生活環境、サプリメントに関するアドバイス
・鍼
・バイオレゾナンスメソッド

など、西洋医学とは違った視点からのアドバイス、診察を行わせていただいています。

(西洋医学を否定するものではありません)


さて、いざ当院に診察を希望された場合に「どの診察を受けたら良いのでしょうか?」という、診察の前のご相談を受けることが多々あるため(苦笑)、以下に簡単に対応する診察を記載したいと思います。

1.皮膚病
食事の見直しで大きく改善することが多い病態です。
食事の見直しを行なった上で、必要があれば、サプリメントおよびバイオレゾナンスメソッドでの対応を行わせていただくことが多いです。

2.膀胱炎、結石症
食事の見直しで大きく改善することが多い病態です。
食事の見直しを行なった上で、必要があれば、サプリメントおよびバイオレゾナンスメソッドでの対応を行わせていただくことが多いです。

3.下痢
食事の改善および全身状態の把握のためのバイオレゾナンスメソッドを利用した診察をお勧めしています。

4.胆泥(胆嚢トラブル)
まずは食事の見直しが必要です。
食事の見直しを行なった上で、サプリメントおよびバイオレゾナンスメソッドを利用した診察をお勧めしています。

 

5.腎不全
食事および生活環境の見直しが必要です。
食事の見直しを行なった上で、必要があれば、サプリメントおよびバイオレゾナンスメソッドでの対応を行わせていただくことが多いです。

6.後駆不全
原因によりますが、鍼治療で対応できることが多いです。
(鍼治療が効果のない場合もあります)

7.てんかんを含む発作
原因が多岐に渡ることから、バイオレゾナンスメソッドを利用した診察をお勧めしています。

8.腫瘍
原因が多岐に渡ることから、バイオレゾナンスメソッドを利用した診察をお勧めしています。食事の見直しも有効です。


もちろん、上記ケースに当てはまらない場合もございますが、もし当院の診察を受けよう!とお考えで、でもどのような診察を受けたら良いかわからない、という方は参考になさっていただければと思います。


また、それぞれの診察の所要時間は

・食事および生活環境、サプリメントに関するアドバイス(初診時 約60分)
・鍼(初診時 約60分、2回目以降 約40分)
・バイオレゾナンスメソッド(初診時 約90分、2回目以降 約60〜70分)

いずれの診察もそれなりに時間がかかりますので、お時間に余裕を持ってご来院いただけましたらと思います。

 

20170710
そのほか気になることなどございましたら、お気軽にお問い合わせください。
KONTANI拝


 
☆お問い合わせ☆
電話でのお問い合わせ
03-6909-2333

フォームでのお問い合わせ



ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
世田谷店のゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
光が丘店の日々あれこれ フィルウ光が丘店ブログ 

« 手作り食について思うこと | トップページ | フィラリア、ノミマダニの予防が始まります »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 手作り食について思うこと | トップページ | フィラリア、ノミマダニの予防が始まります »