« フィラリアの予防について その1 | トップページ | 春の定期検診開始 および 連休のお知らせ »

2017年4月30日 (日)

フィラリアの予防について その2

       
松岡麗子先生のハーブセミナーを
光が丘店で開催いたします!
詳細はこちらをご覧ください!
「ハーブ講座開催のおしらせ」

       

 

みなさまこんにちは、KONTANIです。

気がつけばすでにゴールデンウィークに突入ですね!みなさまは何連休でゴールデンウィークを楽しまれるご予定ですか?

ペットホテルやトリミングのご希望がございましたら、フィルウにお気軽にご連絡くださいませ^^

 

さてさて、前回は『フィラリアについて』と『フィラリアに感染してしまった場合の危険性』についてお話させていただきました。

前回、恐怖心をあおるような文章を書いてしまったかなと思いますが、実際のところ、現在においてはフィラリア感染率および死亡率は劇的に下がっています。これは、フィラリアに有効な薬が開発されたことが大きな理由です。

実際、臨床の現場にいてもフィラリアに感染している犬をみかけることはほとんどなくなりました。首都圏に限られる状態かもしれませんが、それでも日本全国でフィラリア症の犬を見かける機会は過去に比べて確実に減っていると思います。
 

では、そんな画期的な薬であるフィラリアの薬はどのようにフィラリアに効果があるのか?を説明してみたいと思います。

そもそも、フィラリア病についてわかりにくくさせているのがフィラリア予防薬の“予防”という言葉だと思います。 獣医さんがフィラリアの錠剤を処方するときには、たいてい「月に1度、きちんと投与してくださいね!」と伝えます。 同じ寄生虫予防薬であるノミダニ予防の薬は、投与してから1ヶ月間効果が持続するため、同じように投薬後1か月間効果が持続すると考えられている方が多いだろうと思いますが、実はフィラリアの薬の効き方はノミダニの薬とは違います

フィラリアの薬は、フィラリアの感染自体は防ぐことが出来ませんが、感染してきたフィラリアが血管・心臓・肺動脈に進んでいく前に食い止める(つまりその段階でのフィラリアを駆除する)ものです。なので、正式には「予防薬」ではなく「駆虫薬」になります

“体にたまったフィラリアを、投薬したタイミングで一掃するもの”と表現すると伝わりやすいでしょうか?

投薬した時点で皮膚やら筋肉やらに寄生している幼虫を駆除しますが、効果は持続しないので、フィラリアの薬を飲んだ後にフィラリア感染蚊に刺されててしまった場合は、そのときに感染した幼虫を殺すためにまた一ヵ月以内にフィラリア予防薬を投与する必要があります。
 

なので、フィラリアの錠剤の投薬期間としては、 蚊が発生し始めてから「そろそろ最初の1回をのませましょう!」って話になりますし、 蚊が最後に出てから1ヶ月後に「そろそろ最後の1回をのませましょう!」って話になります。

そのため、地域や住居環境により、フィラリア薬の投薬期間が変わってしまうという事態が生じるんですね。
 

錠剤とは別に、注射薬も販売されています。 こちらも錠剤と作用機序は同じで体内に入り込んだ幼虫を駆除するものですが、錠剤との違いは、薬剤成分に加工を行うことで注射した成分が長期間体内にとどまり、徐々に放出される仕組みになっているため、常時(半年間)駆除が継続して行われます。

※経口タイプ・注射タイプのどちらにもメリットデメリットがありますので、どちらがより良い薬なの?と尋ねられてもお答えしかねます、ゴメンナサイ。

 

さてさて、ざっと薬の作用機序についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
次回が最後になる(はず!)と思いますので、もうしばらくお付き合いくださいませ!

 

KONTANI 拝

           

体に優しいサプリメントショップ 

フィルウマルシェ

            

 

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

« フィラリアの予防について その1 | トップページ | 春の定期検診開始 および 連休のお知らせ »

犬の病気について」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/315292/70423551

この記事へのトラックバック一覧です: フィラリアの予防について その2:

« フィラリアの予防について その1 | トップページ | 春の定期検診開始 および 連休のお知らせ »