« リメイク38〜アレルギー検査の結果が…〜 | トップページ | KONTANI不在のお知らせ(11月) »

2012年11月 5日 (月)

リメイク39〜耳のふちのかさぶたについて〜

こんにちは、KONTANIです。
先々週、毎年恒例の松陰神社のお祭りがありました。

ちょうど商店街を歩いていると、騎兵隊の皆様と遭遇!

Kiheitai_4

普段見られないパフォーマンスを楽しませていただきました。

神社の境内の様子はこちらです。

Jinja_5   

日曜日に雨が降ってしまったのは残念でしたが、
それでも、たくさんの人がいらっしゃって、今年もお祭りは大賑わいでした^^
また一年後を楽しみに、お仕事頑張りたいと思います。
 
 

それではリメイク回答に移りたいと思います。

 
【Question】


ミニチュアダックスを飼っています。
最近耳の縁にかさぶたのようなものがつき、
毛がごそっと抜けることが多くなって気になっています。
須崎先生の本でも皮膚疾患は水分を増やすことで解決できることが多いと読んで、
普段はドライフードをふやかし、週に一度の手作り食でもなるべく水分を多めに
作っておりますが、今のところ改善したようには見えません。

ダックスに多い疾患でそれほど深刻なものではないと聞き、
またなるべく薬は使いたくないので、このまま様子を見ようと思っていますが、
何かアドバイスがあればお聞きしたいと思いました。

また水の摂取量というのはどの位の量を目安にすればよいのかも
教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。
 


 【Answer】
 

こんにちは、ご質問をありがとうございます。

ダックスのワンちゃんをお飼いになられているとのこと。
「耳のふちのかさぶた」は、垂れ耳の子にはよく見られる症状のひとつです。
それほど深刻なものではないと思っていても、できるなら良くなってほしいですよね。

さて、いただきましたご質問の中で
皮膚疾患は水分を増やすことで解決出来ることが多いと表現されていますが、
これは、間違いではないのですが、ちょっと誤解を生じそうな表現になっているため
補足させていただきます。


皮膚トラブルは、様々な内臓の状態が絡んで発生してくることが多いため、
水分を十分摂取していても、皮膚トラブルが改善しない子も中にはいます。

ただ、犬の場合は食事中の水分量を増やしただけでも
(ドライフードをふやかして与えるなど)皮膚のトラブルが解決することがよくあるので、
(少なくとも犬において)水分不足が皮膚トラブルに関連しているケースが
多く存在することは間違いないと考えます。

水分を十分に摂取することがなぜ皮膚トラブルの改善に作用するのか?ですが、
これは
体内に蓄積している余分な老廃物を尿量を増やすことで積極的に排泄できること
と、
還流血流量が増えることで代謝が活性化されることで自然治癒力が高まり、また、
その力が発揮しやすい環境になること

が大きな理由だと考えています。

皮膚疾患に限らず、病気や症状が治るというのは
「自然治癒力が十分に発揮できる環境を整えることで、自身の力でトラブルを克服する」
ことです。
もし『水分を十分に与えているのに改善しない』ということがあるなら、
水分量を増やすだけでは体のバランスを調整することが出来ず、
自己免疫力を十分に持ち上げられていない可能性があるということです。

ですから、その場合は『水分を増やすだけはだめなんだ』と認識し、
他の選択肢を選択もしくは併用していく必要性も考慮すべきだと思います。
 

今回のご質問者様のワンちゃんの症状は、
水分を増やすだけでは改善しない状況ということですから、
水分を増やすだけでは足りない状態なのだと把握できます。

つまり、症状を改善していくには+αのケアや治療が必要になってくることになります。
+αのことを行うべきかどうかは、ペットの体調やペットを取り巻く環境によって
判断することが大切です。

たとえば今回のご質問の件で考えてみると、
耳にかさぶたが出来てしまっている状態は確かに見ていて気持ちがよいものではないし、
出来るなら治してあげたいというお気持ちがあることはもちろん理解出来ます。

でも、ワンちゃん自身はおそらく耳先がカサブタになっていても気にする様子もなく、
特に悪化する気配もなく元気に過ごしているのではないでしょうか?

そんな場合、つまり、ワンちゃんにとっての不快はなく、
治療をしなくてもなんの問題もない状況であるかもしれないのに、
たとえば一日に何度もお薬を塗ったりお薬を飲ませたりするなどのケアを行うことが、
逆にワンちゃんにとってものすごいストレスになってしまう可能性もあります。

ですから、ご質問者様が仰られるように

> ダックスに多い疾患でそれほど深刻なものではないと聞き、
> またなるべく薬は使いたくないので、このまま様子を見ようと思っています



という考え方は、とても柔軟な考え方だと思いますし、賛成です。

しばらく様子を見て、もしかして症状が悪化するようであれば
次の選択肢を選んでいくということでもいいのではないかな?と思います。
 
 
 
> また水の摂取量というのはどの位の量を目安にすればよいのかも
> 教えていただけると幸いです。

 
水の摂取量の目安は、
おしっこの量や色、匂いを確認していただくのが一番分かりやすいと思います。

水分が十分でない場合には、濃くて匂いの強いおしっこがでます。
十分に水分が摂取出来ている状態であれば、回数も増えますし、
色と匂いが相当少なくなります。

皮膚トラブルが強いワンちゃんの場合には、なるべく尿の色が透明になるまで
水分を補給できると良いと思いますよ。

 

以上KONTANIからの回答とさせていただきます。

今日もご覧になっていただきありがとうございました。

人気ブログランキング
Photo
  

  
 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

« リメイク38〜アレルギー検査の結果が…〜 | トップページ | KONTANI不在のお知らせ(11月) »

手当/自宅ケアについて」カテゴリの記事