« リメイク37~生食について~ | トップページ | リメイク39〜耳のふちのかさぶたについて〜 »

2012年10月28日 (日)

リメイク38〜アレルギー検査の結果が…〜

こんにちは、KONTANIです。

先日、お客様から花ちゃんと太郎にプレゼントをいただきました♪
キャットニップがたっぷり入った、ネズミ(もぐら?)のおもちゃです。 


 Photo_2   
 

キャットニップが大好きなはなちゃんは、おもちゃに夢中です~^^
太郎くんは、楽しそうに遊ぶ花ちゃんをうらやましそうに眺めていました…。
力関係がよくわかりますf^^;

素敵なプレゼント、ありがとうございました!
 
 
 
それではリメイク回答に移りたいと思います。

 
【Question】


我が愛犬ラブラドールレトリバーはアトピー性皮膚炎のため、
”須崎先生の愛犬の為の手作り食”の症状別レシピを使って作っていたのですが、
今回アレルゲンを調べましたら、米、玄米、コーン、大麦、全てが原因にあがっていました。
どうしたら良いか・・困っております。

 

 【Answer】
 
こんにちは、ご質問をありがとうございます。
アレルゲンの検査でいろいろな食材が出て来てしまったという事ですね。
ご心配な胸中、お察しいたします。

皮膚にトラブルを抱えている子の場合、私はまず、アレルギーとしての症状よりも
「体内に老廃物をため込んでいる状態になっているのでは?」
「動物側の体内(腸内)環境が乱れているのでは?」

と考えます。
  
アトピー・アレルギー症状に見えても、実は老廃物の蓄積や腸内環境の悪化により
皮膚からの排泄が活性化し、皮膚トラブルにつながってくることが多々あるためです。

特に、治りにくいタイプの皮膚トラブルを抱えている子は、腸内環境が悪いことが多く、
その場合は状態が改善していくまで腰を据えて取り掛かる必要はあります。
その際、排泄を積極的に促すことは必要なのですが、
排泄が盛んになる時期は見た目の状態が一時的に悪化することもあり、
ペット自身も非常に不快を感じてしまうことも多いので、
排泄時の不快を軽減させるためののフォローアップは大切だと思います。
 

トラブルの状態を安定させるためのひとつの取り組みとして、
スムーズな排泄を促進するために「これでもか!」というくらい水分補給をすることも重要ですが、
それ以外にも
アレルゲンと確定されたもの
もしくは
摂取すると明らかに症状が悪化する食材
に関しては、治療と割り切って、まずは除外して食事を考えてみるのもよいと思います。
(といっても、必ずしも除外しなければいけないということではありません)


そして、それらのフォローアップをしながらあの手この手で腸内環境を整えましょう。
腸内環境が整えば、一度は体が受け付けなかったことがある食材でも
体が受け入られるようになる可能性は十分にあります。

米、玄米、コーン、大麦などの穀物を口にすると症状が悪化するならば、いったん控えてみましょう。
穀物(でんぷん)は必ずしも必要ではありませんし、必要と感じるならイモ類から摂取してください。
そして、体調が安定してきたなら、NGだった食品をひとつずつ食事に加えてみてください。

新しい食材を加えてかゆみが悪化するかどうか…をひとつずつの食材で見ていきましょう。
かゆみがでずに2週間続けられたら、次はコーンを同じように加えていく。

そうやって、徐々に食材を試していってください。
間違っても一度に食材を増やすことがないようお気を付けくださいね!
なにが原因でかゆみが悪化したのかわからなくなりますので…。
 

慌てず焦らず、ワンコと向き合って手作りごはんを続けて下さい。
 
  

以上KONTANIからの回答とさせていただきます。

今日もご覧になっていただきありがとうございました。

人気ブログランキング
Photo
  

  
 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

« リメイク37~生食について~ | トップページ | リメイク39〜耳のふちのかさぶたについて〜 »

食材について」カテゴリの記事