« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

リメイク31〜腎機能低下時に心がけるケアについて No5〜

こんにちは、KONTANIです。

昨年末くらいから、知人に紹介を受けてFacebookを始めました!
まだ使い方も今ひとつわかっていないのですが、手探りで楽しんでいます。

手探りのひとつとして、フィルウのFacebook ページを作ってみました。
こちらはFacebookに登録していない方でもご覧になれるようです。
http://www.facebook.com/pethotel.filou

お手軽更新出来るので、ちょこちょこ更新していきたいと思います。
こまごまとした情報もご希望の方は、ぜひご覧になって頂ければと思います。

皆様からのフィルウに対するご意見もお待ちしています!

 

****************************

 FILOUの新しいブログを立ち上げました。
 ブログのコンセプトは

 「専門家に聞くほどではないけれど、
  ペットとの生活でちょっと気になることを聞ける場所」です。

 質問にはフィルウ
【犬猫】スタッフ総動員!でお答えします。
  FILOU Q&Aのブログ
 
 現在質問を募集中です♪ご質問はこちらからどうぞ!
  http://www.filou.jp/contact_qanda/index.html
 

****************************


それでは、長く続いた連載(?)も本日が最後です。
もうしばらくお付き合いください。


今回は、③代謝をアップする食事をテーマに更新を行いたいと思います。

「代謝をアップすることは体温を上げることにつながる」、と、先日もお伝えさせて頂きました。

そう考えると、体を温める食材を選ぶことが、代謝アップの基準の一つになってきます。

 
では、具体的に体を温める食材を考えてみましょう。

●葛

葛は「葛根湯」という漢方薬にもなるくらいの食材で、血行を促進し、体を温める作用があります。
葛湯や葛練りとして単品で食すもよし、野菜スープのとろみ付けに使うもよしです。

 

●根菜類(大根、ニンジン、ゴボウ、かぶなど)

地球の内側に向かって生える野菜【根菜類】は、体を温め、排泄を促す作用があるといわれます。
(ただし、この考え方は現代栄養学ではなく、陰陽説による考え方になります)

また、根菜類は食材そのものの力だけでなく火を通して食することが多いので、
調理方法も体を温めるには適している方法といえるでしょう。

その時期に手に入りやすい根菜を、できれば皮ごと利用できるとよいですね。

●しょうが

実は葛根湯にも含まれる漢方成分のひとつで、体を温める作用があります。

 人間が摂取する場合には、摂取すると体温が上がり発汗効果が高まり、
 その発汗作用により体を冷やすため、分類上では
【極陰】の食材とされます。
 が、犬猫では全身から発汗する仕組みがないため、熱を下げる効果が弱く
 陽性効果が出やすくなってしまうことが考えられます。
 与える量は、様子を見ながら増減するようにしてください。

少量でも充分に体を温める効果は期待出来ますので、
しょうがの絞り汁を2、3滴食事や飲み水に加える程度で十分だと思います。

●発酵食品(お味噌や納豆、テンペ、ヨーグルト、麹で作った甘酒など)

微生物を発酵させて作った発酵食品も、腸内菌を活性化させ、代謝を活性化し体を温めます。
手作りごはんに使ってもよし、単品で与えてもよし、うまく活用しましょう。


食材とは離れますが、代謝を活性化させる上でしっかり摂取したいのはビタミンやミネラル。

ビタミンやミネラルが欠乏すると、それらをエネルギー源とする細胞がスムーズに活動出来なくなり、
結果、代謝が鈍ってしまう原因となります。

ビタミンやミネラルは野菜や海草、全粒穀物から取り入れることができますから、
根菜に限らずいろんな野菜を組み合わせてごはんを作っていただくとよいと思います。

特にビタミンCやビタミンEには、血行を活性化する効果があるので、
毎日【適量】を摂取できるとよいですね。

●ビタミンEを豊富に含むのはナッツ類や豆類。
 ※ただし、これらは油分も多いので、食べ過ぎは要注意です!膵炎の原因になります。

●ビタミンCは主に野菜や果物に含まれ、肉類や穀物にはあまり含まれません。
 ※ビタミンCは熱や空気に弱くデリケートなビタミンなので、調理後はなるべく早く食べるように
  心がけることも大切です。

また、なにがなんでも食材から栄養を補給する!
と頑張りすぎなくても、サプリメントとして補給するという手段もありです。

ただ、その際にはビタミンEやビタミンC単独のサプリメントよりも、
マルチビタミンやミネラルを含んだ総合的なサプリメントが望ましいでしょう。
 ※特にビタミンEは脂溶性のビタミンのため、過剰摂取はNGです。

以上、ざっとKONTANIが思いつく限り、体を温める食材をピックアップしてみました。
 

 
最後になりますが、簡単レシピをひとつ。
・ 大根おろし         適量

・ キュウリのすりおろし  適量

・ ショウガの絞り汁   2〜3滴
・ しらすまたは煮干し   適量
・ 炊きたてごはん      適量

上記のものをブレンドするのみ。
(写真をおみせできないのが残念です)
火すら使わない超手抜きごはんです。

毎食上記の食事となってしまっては困りますが、こんな手抜き食もありですよ、
というひとつの例として見て頂ければと思います。


さて、「腎機能低下時に心がけるケアについて」。
たいそう長編になってしまいましたが、このシリーズでお伝えしてきた内容は、実は
腎機能低下時のみでなく、普段から健康を維持するために取組んでいただきたいこと
ばかりだなぁと、書き上げて感じました。
「水分摂取を心がける」

「悪いものはなるべく体に入れないor入れても出す」

「代謝を活性化させる(体温をあげる)」

手作りごはんをベースにお話ししてしまいましたが、決して手作りでなければならない、と
お伝えしたつもりはありません。

日々のケアで大切なことは、「長く続けられること」です。
無理なく、ストレスなく、長く続けられる方法を探して頂ければと思います。

なが〜い連載(?)におつきあい頂きまして、本当にありがとうございました。

それでは本日はこれで失礼致します。



今日もご覧になっていただきありがとうございました。

 

人気ブログランキング
Photo
  

 

現在528位!ランキングに入っている意味があるのか?と悩みます。

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

2012年2月20日 (月)

リメイク31〜腎機能低下時に心がけるケアについて No4〜

こんにちは、KONTANIです。

今日はお知らせがいくつかあります。

まずは、ひとつめ!
2月21日発売のPETIO「ペット用シリコン食器」の付属レシピ、私が担当させていただきました!
調理後、そのまま食器として利用できるすぐれものです。
最近は、食育入門講座の調理実習時にも利用しています。

なかなか好評なんですよ♪

詳しくはこちらのページでご覧いただけます。
フィルウHP:http://www.filou.jp/news/petio.html
PETIOさんHP:http://www.petio.com/miam_miam/

 

ふたつめ!
2月10日発売の学研出版「うちのねこの気持ちがわかる本」に、
我がお店の花ちゃんと太郎くんが、看板猫として紹介されました!

プロの方の撮影のおかげで、
いつも以上に
美猫の花ちゃんと太郎くんを見ることができます。

え?親バカ?欲目?
いえいえ、親バカかどうかはぜひ雑誌を手にとってご確認ください♪

詳細はこちらでもご確認いただけます。
http://www.filou.jp/news/120214.html


みっつめ!
FILOUの新しいブログを立ち上げました。
ブログのコンセプトは
「専門家に聞くほどではないけれど、ペットとの生活でちょっと気になることを聞ける場所」です。

質問にはフィルウ【犬猫】スタッフ総動員!でお答えします。
FILOU Q&Aのブログ

 
現在質問を募集中です♪

ご質問はこちらのフォームからお受けしています。
http://www.filou.jp/contact_qanda/index.html

ご質問をお待ちしています!


※「獣医師KONTANIの一問一答」は、引き続きリメイクのみの更新を行わせていただき、
 新規のご質問はお受けしておりませんのでご了承ください。

お知らせは以上です。
それではブログのほうに移りますね。
 

さて、4回目にしてやっと「腎臓にやさしい食事」の本題までたどりつく事ができました。


本日は、腎臓が弱っているときに摂るとよい食材について触れてみたいと思いますが…
その前に、ブログを毎回読んでくださっている皆様はもうご理解頂けていると思いますが、
念のため、再確認させて頂きたいことをお伝え致します。

食事はあくまで病気に立ち向かうための「サポート」をするものであり、
病気を治すものではありません

「●●を摂取したら腎臓が良くなる!腎不全が治る!」という食材や調理法はないですし、
「腎臓に良いといわれている▲▲を食べさせても、数値が改善しない」などということもざらにあります。
 

残念ながら、食事で全ての問題が解決するわけではありません

ですが、食事を変えることで改善する問題があるのは確かです。


食事だけで病気が改善することが一番ですが、
食事だけですべてが解決できるはずと考えてしまうと間違ってしまうことがあります。

それを間違えないように支えていくのが、私の仕事になるわけですが…
なかなか文章で伝えきれないのが、文章力のなさ、もどかしいところです。
 

さて、それでは前回のブログでお伝えした
「kONTANI が考える、腎不全時に心がけたい食事」についてお伝えしたいと思います。

① 水分がたっぷり含まれている食事

② 毒物・老廃物をなるべく含まない食事

③ 代謝をアップする食事


 
それでは順番にいきましょう。
まず①から。

①水分がたっぷり含まれている食事
老廃物をどんどん排泄するために、たっぷりの水分を補給することが大切です。

おじややスープのように、食事そのものにたくさんの水分を含む調理法は積極的に取り入れるとよいでしょう。

また、せっかく水分を補給するなら、
野菜等の食材に含まれている水分を利用しないのはなんとももったいない!です。

大根、キュウリ、なす、トマト、冬瓜などが、水分の多い野菜として有名ですね。
りんごやスイカなどの果物(厳密にいえばスイカは野菜ですが)もよいと思います。


それらのみずみずしいお野菜を、弱火で蒸し煮にして
しみ出たお汁ごといただくもよし。
大根などはすりおろして、トマトやきゅうりはそのまま与えてもよしです。
※ただし、トマトやきゅうりなどの夏野菜は、身体を冷やす効果が強いですから
  温かいごはんに混ぜ合わせるなど、冷えない工夫は取り入れるとよいでしょう。



また、水分を摂取しつつ、利尿効果が高い食材も利用していただくと良いかもしれません。
・きゅうりや冬瓜などの瓜科のお野菜

・ハトムギ(実でもお茶でも)

・小豆(煮汁も捨てずに使うのがポイントです!)
・しょうが

などが利尿効果の高い食材としては有名です。

全部を食事に加える必要はもちろんありませんので、手に入りやすいものを選んで利用してみてください。


 
②毒物・老廃物をなるべく含まない食事

これは、頭ではわかっているけど、なかなか実行に移すのが難しいことだったりします。

現代の世の中で、すべての添加物や重金属を避けて生活することは困難です。
ただ、それを踏まえた上で、避けられるものは避けていくとよいでしょう。

たとえば、明らかに色づけされていたり、人工的な臭いが強い加工食品は控えた方がよいでしょう。

また、農薬も、現代社会において完全に排除することはできないだろうと考えていますが、たとえば有機無農薬野菜が手に入らなかったとしても、
・皮をむいて調理する
・キャベツ等は外側の葉っぱを何枚か使わない
・調理前にしっかりと流水で洗う
・一度茹でこぼす

などの処理をすることで、付着農薬、残留農薬はある程度排除できるでしょう。

病原体汚染に関しては、高熱処理をすることで、汚染を少なくすることができます。
 

とはいっても、上記の方法で100%の有害物質の排除はできるわけではありませんし、
さまざまな理由で上記の事柄を実践するのも難しいという方もいらっしゃるかもしれません。
金銭的にできることが限られてしまったり、時間的にできることが限られてしまったり、
環境的にできることが限られてしまったり…
 

できなければできないことも受け入れ、許容してください。
無理をしてなにかを続けるということは、とてもとても大変ですし、ストレスになります。
飼い主様が強いストレスを持つことは、ペットにとってよいものではありません。
そのストレスがペットにとって「この子のためにこんなに頑張っているのに」とプレッシャーになることもあります。

【できる範囲でできることを実践する、無理をしない、がんばりすぎない】
という意識が持てるかどうかは、実はとても大切なことだと思いますよ。

 

さて、ここまでだけでもずいぶん長い文章になってしまいましたので、
③代謝をアップする食事
…は次回とさせて頂こうと思います。

なるべく早く更新できるようにがんばりますので、応援どうぞよろしくお願いします!
それでは本日はこれにて失礼致します。

今日もご覧になっていただきありがとうございました。

 

人気ブログランキング
Photo
  

 

 
↑皆様のおかげで2/20は477位♪
 もうしばらく頑張りますのでポチッと応援お願いします!

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

2012年2月10日 (金)

リメイク31〜腎機能低下時に心がけるケアについて No3〜

こんにちは、KONTANIです。

1月末から2月頭にかけて、お店のお休みをいただきました。
たくさんの方にご迷惑をおかけしながら何をしていたかと申しますと、
避暑ならぬ避寒の意味合いもあり、そして、移住した友人に久しぶりに会うために、
沖縄県宮古島市に行ってまいりました。

それにしても宮古島現地の皆様には
「なんでよりにもよってこんな時期にきちゃったの?」
と言われました(汗)

わざわざ一番気温の低い2月を選んでくるなんて、
(宮古としては)寒いし、海にも潜れないし、「??」と思うようです。

でも、私としては、2月でも宮古島の魅力を感じるには充分でした。
むしろ、2月でこれだけの魅力を感じられるんだったら、
「ハイシーズンの宮古島の魅力はどれだけのものなんだろう」
と期待してウキウキしてしまいます。

 
今回は、宮古に移住した友人に会うことを一番の目的としていきましたが、
いつか、素晴らしい季節の宮古を感じるためにも足を運びたいと思います。
 

ちなみに、宮古島でもたくさんの犬と猫をみました。
宮古島のさらに離島に行くと、たくさんの猫たちがひなたぼっこしています。
暖かくて穏やかなこの場所は、猫にとっての楽園かもしれないなぁと思います。

ワンコはミックス犬が多くて、あの子は何犬と何犬のミックスだろう?
と想像するのがとっても楽しかったです(むしろ職業病かもですね…汗)。

時間がなくて、琉球犬を見に行くことが出来なかったのが心残りですが、
次回のお楽しみということで楽しみにとっておきたいと思います^^


それではブログに移りたいと思います。

前回のブログでは、
腎臓への血流量を上げるために水分たっぷりのごはんがとても効果的!
というお話をさせて頂き、
更にそれ以外にも腎臓への血流量を上げる、
つまりろ過機能をサポートするために大切なことがありますよ〜!
という部分で終了とさせていただいていました。

本日はその続きから入っていきたいと思います。

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

水分を摂取することはとても大切ですが、
腎臓への血液量をあげるための行為として、その他にも大切なことがあります。

それは体温を上げることです。


体温が上がるということは、代謝が活性化するということ。
代謝が活性化するということは、体の血流の流れが良くなるということですから、
もちろん腎臓への血液量も増えます。

体温をあげるためには
1)運動する(能動的な体温上昇)
2)加温する(受動的な体温上昇)

の2つの方法があります。

ある程度体力のある子であれば、1)の運動による代謝アップをおすすめしますが、
体力がない子だったり、心臓にトラブルを抱えている場合等は運動が適さない場合もありますので、
その場合には2)の環境的な加温(保温)がよいでしょう。
(お風呂、マッサージ、ゆたんぽなど)

お風呂は嫌がるけど、足浴ならできるという子もいますし、

蒸しタオルを背中(腎臓付近)に当ててみるのもよいかもしれません。

手足先や背骨の脇をマッサージして頂くだけでも、血流は活発になります。

湯たんぽやカイロなどを使って、ベッドやクッションを温めるのもよいでしょう。


余談ですが…
いろんな病気の子たちをみせて頂くのが私の仕事な訳ですが、

実際に状態が悪い子は、(腎不全に限らず)手先足先が冷えていることが多いです。
手足先が冷えているということは、
末端まで血液が行き渡っていないことを意味します。

血液は、酸素や栄養素などを体の各所に運ぶ運搬の役割も担っています。
つまり、血液が通っていない場所には、酸素や栄養素は運べないわけです。
そうすると、どんなに栄養豊富な食事を与えても、大量のサプリメントを与えても、
血流が滞り、弱っている部分に運べない状態になってしまっていると、
それらを生かすことができないわけですから、とてももったいないことですよね。

体温を上げ、代謝を活性化させ、たくさんの血液を腎臓(を含めた体中)に送る
ということを、水分補給とともに意識して頂ければと思います。


さてさて、3回に渡っての前置きになってしまいましたが、

やっと最初の質問に戻ってこれました。

「腎不全の時にはどんな食事を心がければよいのか?」

3回ブログを読んでくださった方々にはなんとなくわかって頂けたかと思います。
KONTANIが考える、腎不全の時に心がけたい食事…
それは

① 水分がたっぷり含まれている食事

② 毒物・老廃物をなるべく含まない食事

③ 代謝をアップする食事

です。

食材やレシピはそれほど重要ではありません。
要は、上記の3つのポイントを考慮しながら食事を作る事が大切だと言う事です。

例えば、①であれば、

ドライフードにたっぷりのお水やスープをかけふやかして与える、でも良いです。
手作りごはんであれば、炒めたごはんよりはおじややスープの方が良いですね。

②であれば、
有機野菜を選んでみたり、おやつは自家製にしてみたりすることで
老廃物の摂取が少なくなるでしょう。

③であれば、
さめた食事よりも、加温した食事は体を温め、代謝をアップしてくれます。
もちろん、ある程度体力がある子であれば、食事だけではなく、
ゆっくりではなく少し急ぎ足でのお散歩をして体を使うことも取り入れましょう。

 

もちろん、どの要点に関しましても、

もっと掘り下げていく事も突き詰めていく事もできると思います。

それは飼主様のできる範囲内で実践して頂ければ十分です。

決して「無理をして実践する」ことはお勧めしません!
1日2日で辞めてしまうことではなく、
1ヶ月〜半年〜1年と、長く続けられるケアを実践してください。


  

では、本日はココまでとしまして…

次回はあえて具体的な食材にも触れてみたいと思います。
それでは本日はこれにて失礼致します。

今日もご覧になっていただきありがとうございました。

 

人気ブログランキング
Photo
  

 

 
↑皆様のおかげで2/10は507位♪
 まだまだ頑張りますのでポチッと応援お願いします!

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/