« リメイク29〜煮干しやおかかを食べてはいけない??〜 | トップページ | リメイク31〜腎機能低下時に心がけるケアについて No1〜 »

2011年10月28日 (金)

リメイク30〜黄色いかさぶたがある場合〜

先週末は、松陰神社のお祭り「幕末維新祭り」がお店のある商店街で行われました。
たくさんの人手でにぎやかでしたよ〜
「まぐろ解体ショー」なんかも行われていたらしく、商店街を歩いて回るだけでもとても楽しめました。

 

お祭りという言葉は、もともと「祀り」という言葉に由来するものだそうです。
祀りという言葉は、「神様やご先祖様をまつる」という意味を持ちます。

 
ちょっと固いことを書いてみますと…

 神様は、社(神社)には常在しておらず、祭りのときのみおいでになります。
 祭りとは、神様を迎え社にお連れし、またお送りするものです。
 神様をお連れし、お送りする道具として、御神輿があります。
 (調べて書いていますが、なにか間違いがあればご容赦下さい)

 
松陰神社の御祭神は、その名の通り吉田松陰先生(吉田矩方命・よしだのりかたのみこと)です。
お店の前を通って行ったあの御神輿の中に松陰先生がいらっしゃるのかなぁと思うと、
なんとも感慨深い気持ちになります。
はなちゃんも御神輿がお店の前を通りすぎる時には、降りて来てテーブルで眺めていました。

Photo_3  

 
お祭りというと、ついつい屋台にばかり目がいってしまうKONTANIですが(汗)、
神様やご先祖様がそばに来てくれている時間に、きちんと日々の感謝をお伝えしなければと思います。
 

それではリメイク回答にGO!です。

 

【Question】

うちの犬はひどい皮膚病だったのですが、ドッグフードから手作り食に切り替えたお蔭で
かなり改善いたしました。しかし完全には治っていません。現在は右脇の下と右太ももの付け根に
「黄色いかさぶた」がありまして、痒いやら時々掻いています。なんだか象さんの皮膚みたいです。
今後どのような点に注意して食事を作ってあげたらいいでしょうか?

 

【Answer】

手作り食を始めて頂いてから、ずいぶん皮膚状態が改善したとのこと、とても嬉しいご報告を頂きありがとうございます。
といっても、皮膚トラブルはなかなか手強いことも多く、悩みがなかなか尽きないのが大変な所でもありますが、
くじけず手作りを続けて行って頂ければと思います。

さて、ご質問頂きました「黄色いかさぶた」に関してです。

体表から出てくるそのような状態のモノで考えられるのは
●体表の乾燥によるフケ
●体表の脂質過剰によるフケ
●体表への浸出液分泌過剰によるかさぶた

などが考えられます。

「黄色い」という表現から考えると膿を含む浸出液分泌が過剰な可能性があるかなと思いますし、
「象さんの皮膚」という表現から考えると皮膚が硬化していて脂質の分泌が亢進している可能性もあるのかなと思います。

元々皮膚トラブルを長く抱えていた子であれば、皮膚そのものが硬化していることが多いため、
食事を変えて状態が改善して来ても元の柔らかい皮膚に戻るまでには時間がかかることも多々有ります。

ですので、現時点で手作り食に切り換えて皮膚の状態がとても改善したということであれば、
今の食事は悪くないと考えますのでそのまま続けて頂き、食事だけで考えるのではなく、
皮膚そのものに対するケアをプラスしていただければと思います。
 

皮膚そのものに対するケアの基本は、清潔を保つ/保湿することです。

私がよく指導させて頂く方法としては
●適度な間隔で薬用シャンプーを用いて洗う
●頻繁に薬浴(木酢浴、しょうが湯など)を行う
●頻繁に、ぬるま湯で皮脂や膿を洗い流す
●脂質の分泌が多い部位や荒れている部位にワセリンやオイルを塗り込む

などがあります。

もちろん、皮膚の状態を確認していない状態ではどのようなケアが適しているかという判断は難しいですから
皮膚のコンディションはかかりつけの獣医師に確認してもらい、適切な方法を選んでいただくほうがよいと思います。
 

もし、食事で注意する点があるとすれば、
排泄反応(体の中にたまっている老廃物や有害物質を取り除くための体の反応)を
早く終わらせるために必要なことを心がける

という部分かなと思います。

排泄反応を進めるために大切なポイントは代謝を活発にすることであり、そのためにはまず
摂取水分量を増やすことが大切です。食事中に含める水分量を増やしたり、スープとして食間に与えたり、
なるべく尿の色が透明になるまでを目標に水分摂取を行いましょう。
 
以前のKONTANIのブログの中にも、水分摂取量の大切さを書いてみたものがありましたので、
合わせて紹介させて頂きます。

水分摂取量の目安は?

http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-f920.html
 
脂漏症ではまず水分を補おう

http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2010/03/post-6c0a.html

 
 
また、水分補給だけではなく体を温める(冷やさない)ことも大切です。
体が冷えると血管が縮こまって循環が悪くなりますので、食事からも体を温めることを意識出来るとよいでしょう。
体を冷やす食材、温める食材があったり、また、体を温める調理法や冷やす調理法もあります。
※食材や調理法に付いては、ネットで調べるとたくさん出てきますので、ぜひ、調べてみてください

 

以上、KONTANIからの回答とさせていただきます。
今日もご覧になっていただきありがとうございました。

人気ブログランキング
Photo
  

 

 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

« リメイク29〜煮干しやおかかを食べてはいけない??〜 | トップページ | リメイク31〜腎機能低下時に心がけるケアについて No1〜 »

手当/自宅ケアについて」カテゴリの記事