« リメイク17〜肝臓に負担をかけないための心がけ〜 | トップページ | リメイク19〜猫の口内炎に対してのアプローチの提案〜 »

2011年2月12日 (土)

リメイク18〜排尿後の結晶化現象〜

こんにちは!

東京は昨日から今朝にかけて雪降りで、お店に立ち寄られる人も少なく…
連休ですが、穏やかなフィルウです。

パソコンに向かっている時間が長いと、花ちゃんと太郎くんが膝に乗って来てくれるのでちょっぴり幸せ♪です。
ですが、困ったことに、猫が膝にのって丸まると、必ず睡魔に襲われます
これって、猫達が何らかの睡眠を誘う周波数を発しているのでしょうか…ご存知の方、教えてください。

 

それではお知らせの後、リメイクの回答です!

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 【おしらせ】

 2月に東京と山形にて食育入門講座を開催致します!


 ■2月16日(水) [会場]東京都世田谷区 フィルウ店舗内
 
 ■2月27日(日)
 [会場]山形県山形市 すずかわ犬猫病院内

  詳細はこちらをご覧下さい
   →http://www.filou.jp/news/110113.html

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * *
   

それではご質問に移りますね。

【Question】

はじめまして、質問がありお便りいたします。
ストルバイト結晶の記事が2件ほどあり読ませて頂きました。
実は食事の8割を手作りで育てている猫が2匹揃ってストルバイト結晶と診断受けました。処方食を薦められましたが納得できず、手作りにVC・マジカルパウダー・EPADHAで対応しています。
ところで先生が、結晶が結石になる前に排泄されれば問題ないと言う一文がありました。
我が家の猫の尿を観察すると採尿直後は透明なのですが数時間放置するとはっきりと結晶が見えて来ます。(器は蓋付の清潔な物です)これはどのように解釈すれば良いのでしょうか?排泄できて居る訳ですし、時間経過でる結晶も結晶体質なのでしょうか?
病院では結晶が尿道を傷つけるとも言われましたが、直後には結晶は見えません。(目に見えないだけであるかも知れません)
ならば、結晶が尿道を傷つける事も無いと思うのです。出せていればOKとのお話ですが、時間経過で出てくる結晶の答えが導き出せません。
お手数ですが回答頂けると心強いです。
我が家の猫は3歳去勢済み雄、生後8ヶ月までプレミアムドライメインの食事、その後は手作り8割とプレミアムドライ(スープかけ)、もう1匹は1歳避妊済み雌、食事は上の子と同じで手作り&スープドライで生まれてからずっと手作りです。

 

【Answer】

ご質問頂きました「数時間たつと、結晶ができてしまう」という件につきましてですが…
採尿直後では問題ないのに、しばらく尿を常温放置しておくと性状が変化してしまうという現象は、ご質問者さまの猫ちゃんに限らずよく生じる現象です。

では、どうして「結晶化」という性状変化が起こるのかという部分について説明させて頂きます。

ストルバイト結晶は正式名称を「リン酸アンモニウムマグネシウム(NH4MgPO4)」といい、その名の通りリン酸イオンマグネシウムイオンアンモニウムイオンが結合して形成されます。
これらのイオンがいわゆるストルバイト結晶として結合するためにはいくつかの条件が必要になってくるわけですが、その条件のうちのひとつがそれぞれの尿中のイオン濃度が高いことです。尿中のイオン濃度が高ければ高いほど、結晶化は起こり易くなります。

また、結晶化は尿の温度にも影響を受けます。

 
  例えば、塩を水に溶かした場合…お湯に溶かすのと水に溶かすのでは、
  お湯に溶かした方が良く溶けますし、また、溶けた水を冷やすと塩の結晶が
  析出してきますよね。

  それは、塩の溶解度が水の温度によって異なるために生じる現象です。

 
それと同じく、尿中に溶解しているリン酸イオンやマグネシウムイオンも、排尿し、膀胱内の体温から外気温に合わせて液温が低下することで結晶が析出しやすくなるわけです。
 

ただ、採尿してから時間が経過した全ての尿で結晶が発生するわけではありませんから、やはり結晶が析出してしまうということは結晶化が生じる環境が存在するということではあると思います。尿がアルカリ性であったり、膀胱炎が存在していたり、などですね。

といっても、KONTANI的には「外に出るまで結晶化しないのであれば尿道に傷をつけることはないので、必ずしも排尿後の結晶化にこだわる必要はないのでは?」とは思いますが、ひとつでも心配事を減らすという意味では排尿後時間が経っても結晶化が起こらない状況が望ましいとは思いますので、ご家庭内でできる範囲で「尿を酸性化すること(運動する、食事内容の見直し、ビタミンCの補給を行うなど)」「膀胱炎の予防もしくは治療(冷やさない、予防的なサプリメントの摂取など)」は意識できるとよいのかなと思います。

そして、(しつこいですが)なにより大切なのはたっぷりの水分をとって、どんどん排尿させおしっこをため込まないこと!やはり基本だと思います。

スープごはん万歳^^!
 

猫ちゃんの手作りは大変なときもあると思いますが、是非、楽しみながら続けて頂ければと思います。

  

以上、KONTANIからの回答とさせていただきます。

今日も最後まで目を通していただきありがとうございました。

 

今日もブログをご覧になっていただきありがとうございました。
ついでに、下ののボタンもポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

 

 

hairsalonフィルウのトリミング風景です♪
 → 三毛猫 花の トリミング レポート

restaurantフィルウ特製手作りごはんのブログはこちら♪
 → ペットホテル フィルウの特製手作りごはん

★☆【フィルウ】手作り食 と 自然療法 の 動物病院☆★ 

« リメイク17〜肝臓に負担をかけないための心がけ〜 | トップページ | リメイク19〜猫の口内炎に対してのアプローチの提案〜 »

犬の病気について」カテゴリの記事