« リメイクその1~手作り食にサプリメントは必要?~ | トップページ | 「アニマルコミュニケーション」 »

2010年1月11日 (月)

リメイクその2~おじやにする理由とその適量とは?~

こんにちは!

新年も明けてもう10日も経ってしまいました!
毎日毎日、「月日が経つのは早いわ~」と口に出してしまっている気がします。

そういえば、今日は朝のお散歩のときに、かすかですが雪?アラレ?を確認しました。
あっというまに終わってしまったので幻かも~と思う程度でしたけれども。

雪国育ちとしましては、今年は東京では雪にはお目見えできないかな?と、
さみしいような気持ちもありますが、
実際に雪が降ったら大変だろうなと思ってしまう気持ちもあり、若干複雑です。

 

さてさて、余談が長くなりました。リメイク2問目です。
   

【Question】

我が家の愛犬(ラブラドール。おす)は、今まで特に大きな病気もなく元気にすごしていますが、
やはりご飯の事に関してはずーっとドックフードを食べています。
でいつも良いものを捜して、調べて来ましたが、ある事がきっかけでおもいきって
手作りご飯にしようかなと思い立ちました。
とはいっても、なかなか勝手が分からず、
今までいろんな人の意見や本を参考にしてきました。
相手が人間ではないので特に食べ物の事は気を使っています。

そこで質問ですが
1)なぜおじやにするのでしょうか?
なんとなく固形物を噛んで食べる事がよいのかと思っていましたが
おじやだとあまり噛むより流し込む気がしますが…。
たしかにカリカリのドックフードも噛んではいないのですが…。

2)おじやのトッピング類が適量となっていますが、その適量が、わかりません。

分量例には細かく書いてあるのでその通りに上げればいいのですが、他の
組合せ方や何種類位組合せてどのくらいの量をあげればいいのかわかりません。


 
アドバイスおねがいします。

 

【Answer】

今回は、ご質問が二つありますね。順に回答していきたいと思います。

1)なぜおじやにするのでしょうか?
なんとなく固形物を噛んで食べる事がよいのかと思っていましたが
おじやだとあまり噛むより流し込む気がしますが…。
たしかにカリカリのドックフードも噛んではいないのですが…。

おじやをKONTANIがよしとする理由は効率よく水分を補給できるから
水分量が比較的容易に確保できて、その結果、体の循環/代謝が活発になることが
おじやの一番の魅力!
だと思います。
 
「たくさん水を飲んでね」と言葉で伝えてペットたちが水をたっぷり飲んでくれるのであれば
それで良いのですが、なかなかそううまくは行かない場合が多いですよね。

つまり、水分をたくさん摂取するには「食事から」摂取するのが効率的なことが多い、
ということです。逆に言えば、水分を十分に補給できる方法が他にあれば、
特におじやにこだわるわけではありません。

「おじやじゃなければいけないわけではない、でも、
おじやが水分を摂取するための方法として効果的である」

ということですね。(なんだか哲学的な言い回しになっちゃいました…)
 

また、「固形物を噛んで食べること」についてですが、
「固いもの(ドライフード)を食べないと歯が弱くなる、歯石がつきやすくなる」
という話をよく耳にします。

おそらく、元々は
●固いものを食べて噛み締めることであごの筋肉が鍛えられたり、
●堅いものを噛むときに歯の表面に付着した歯垢をこすり取っることができる

という話の内容だったのではないかと思います。
それが紆余曲折を経て人から人へ伝わるうちにいつの間にか、

◆堅いもの(ドライフード)を噛む/噛みしめることがあごの筋肉を鍛える
  
堅いもの(ドライフード)を食べなければ顎の筋肉は鍛えることができない!?

◆堅いもの(ドライフード)を噛むと歯の表面に付着した歯垢がこすり取れる
  
堅いもの(ドライフード)を食べなければ歯垢がたまる!?

となってしまったのだと思うのですが…
 

確かにドライフードを食べることで、顎の筋肉の強化や歯垢の排除が出来れば
一石二鳥かもしれません。

ですが、ドライフードだけでしか歯垢の付着を予防したり、歯や顎の筋力を鍛えることが
できないというわけではありません。

人間だって固いものもやわらかいものも食べますが、
堅いもの(ドライフード)以外を食べると、顎の筋肉や歯にとって悪影響をおよぼす!
なんて短絡的な発想には決してならないはずです。

顎の筋肉を強化し、歯につく歯石を減少させたい場合には
ロープなど、歯が食い込む丈夫な遊び道具を利用してたくさん噛んで遊ばせる。
引っ張り合いをする、などその手段に成りうると思います。

歯垢(歯石)へのご影響を心配されるようであれば、
固いものを食べさせるよりは口内のケア(歯磨きを含む)を重要視すべきだと思います。

2)おじやのトッピング類が適量となっていますが、その適量が、わかりません。

分量例には細かく書いてあるのでその通りに上げればいいのですが、他の
組合せ方や何種類位組合せてどのくらいの量をあげればいいのかわかりません。
 
 
頂いた質問文には「ラブラドール、オス、既往歴なし」という文面のみで、
わんちゃんの「年齢」、「体重」、「運動量」などの情報も不明ですし、
トッピングしたいものが何なのかも不明な状態ですので、
残念ですが、ご希望されているような『具体的な』お答えはできません。

ですが、おそらく、須崎先生の手作り食の本を読まれて、のご質問ですよね?
であれば、あまり難しく考えず、適量=適当で読み直されても問題ないかと思います。
(大雑把過ぎ??須崎先生に怒られちゃうかもです)
 

または、個々の食材が何g、などと量を考えるよりも、
毎食100gの範囲内で4種類の野菜をトッピングする、というような感じで
大まかな決め事にしておくとやりやすいと思います。

最近はたくさんの手作り食実践者さんがブログなどでレシピを公開してくださっていますから、
それらのブログを参考になさるのもよいのでは、と思います。

ただ、あくまでも目安は目安でしかないので、
最終的には愛犬の全体状態を見ながら適量を判断していく必要があります。

被毛や便の状態を確認しつつ、トッピングやおじやの量を決めていただければと思います。

 

以上でご質問のお答えとさせていただきますね。

今日もブログをご覧になっていただきましてありがとうございました。
もののついでに、ブログランキングのボタンもポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

 

  

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

« リメイクその1~手作り食にサプリメントは必要?~ | トップページ | 「アニマルコミュニケーション」 »

手作り食について」カテゴリの記事