« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010年1月26日 (火)

リメイクその3~おじやと生食の組み合わせについて~

まだまだ寒い日が続きますね!
私は毎朝、なかなかベッドから起き上がれない日々が続いています。    

なんとなく目が覚めて、でも起き上がれずにベッドの中でゴロゴロしていると、気配を察するのか、猫たちがそばに寄って来てゴロゴロゴロゴロ甘え始めてくれます。
まあ、それが「ごはんごはんー♪」というおねだりのサインであったとしても、猫の声で目覚める朝はなんともけだるく幸せな時間です。 

…と、そんな悠長な事をしている間に、出勤時間が迫って来て慌てふためいてしまう訳ですが(汗)

 

 <<<<<<<<<<<<<<<お知らせです>>>>>>>>>>>>>>>

 来週2月2日(火)〜2月5日(金)まで、
 フィルウは一ヶ月遅れのお正月休みを頂きます。
 皆様にはご迷惑をおかけ致しますが、
 どうぞご理解お願い致します。

 <<<<<<<<<<<<<<<<<<<<>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

 

それではご質問にうつりますね。

【Question】

初めまして!須崎先生のブログから来ました。いつもブログの更新を楽しみにしております。
今日は、どうしてもお聞きしたい事があってメールしました。
我が家にはM・ダックス(女の子)が2匹います。須崎先生の本を参考に手作り食を始めて4ヶ月が経ちました。(始めたといっても、平日の夜のみ(5回)でお恥ずかしいのですが)

いつもはお野菜とゴハンでおじやを作り冷凍しておき、それに生肉(馬肉・鶏肉・ラム肉)と大根おろしなどをプラスして与えています。

このおじやと生肉の組み合わせですが、他の方が書かれた本でやめたほうがよいと書かれていまし た。ですが、我が家のwansの体調が悪くなったとかはありません。毛艶もよく、ドライフードだけの時はよく戻していたのですが、それも目に見えて少なく なっています
(1週間14回のゴハンのうちたった5回の手作り食なのに)

須崎先生の本にはおじや+生肉の組み合わせはよくないとは書いてなかったように思います。実際のところはどうなのでしょうか?

お忙しいとは思いますが、お答え頂けると嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

 

【Answer】

まずはお礼から。
いつも、ブログをご覧になっていただきましてありがとうございます。ものすごーく励みになります、スローペースながらこれからも頑張りますので、またブログに遊びにいらしてください。

さてさて、今回のご相談である「おじやと生食の組み合わせに関して」ですが、この他にも「肉と穀物の組み合わせに関して」のご相談もよく耳にします。

ということで、その組み合わせがNGとされる根拠をとりあえず調べてみたのですが…
私の方では残念ながら
「これこれこういう理由があるからおじやと生食(もしくは肉と穀物)を組合わせるのはやめた方がよい」

という根拠(理由)を見つけることができませんでした。
 

ということで…一応KONTANIなりに「食材を組合わせない方がよい理由」について、考えてみました。以下、その考察です。

 動物が食事を摂取すると、
 その食物を消化するために
 体の中から「酵素」が分泌されます。
 この酵素には、よく耳にする
 “アミラーゼ”
 “リパーゼ”
 “プロテアーゼ”
 “ラクターゼ”
 などが含まれています。

 酵素はそれぞれ担当する物質が違うため、
 摂取した食事の中に様々な栄養素が含まれていると、
 その都度、消化酵素を分泌する必要が生じてきます。

 ”おじやと生肉”、または
 ”穀物と肉”の組み合わせは
 「主にでんぷん質と主にタンパク質の組み合わせ」
 であることから、消化酵素も
 全く別の種類のものを働かせねばならなくなり、
 体に負担がかかる、という事なのかなと考えます。

つまり、
でんぷんとタンパク質の組合せを控える事で体が分泌する消化酵素の種類を減らし、消化(体)の負担を減らす

ということなのかな?と考察しました。

(私の解釈の仕方が正しいかどうかはわかりません、まったく間違っているかもしれませんので、参考程度になさってくださいね)

 

そして、上記のように『消化酵素の種類をなるべく減らす』論で考えてみると、実は一番良いのは「単品食」になってくるはずです。肉のみ、魚のみ、芋のみ、米のみ、のような感じですね。

個人的には、消化(体)の負担を減らすために一度に摂取する食品の種類を減らすという考え方はそのとおりと思います。

でも、だからといって
『じゃあ毎食単品での食事にする?』
と考えてみたとき、確かに消化に負担はかからないかもしれませんが、それが1ヶ月2ヶ月の長期スパンで考えた時には、若干心配です。

▼偏りすぎているのもあまり望ましくないのでは?それによるデメリットはないのか?

と感覚的には考えてしまいます。

 

おそらく、そのような感覚的な部分もあり、「おじや+生肉はよくない」という表現は、単品食まではいかないにしても、なるべく組み合わせに気をつけて腸の負担を減らしましょう ということなのかなと考察します。そうすると、「組み合わせてはいけない」ではなく、「なるべく控えましょう」程度の内容なのではないかなと思います。
 
 

フードであれ、手作り食であれ、どんな食事にもメリットがあり、そしてデメリットがあります。

「デメリットがなく、メリットしかない完璧な食事(まあ存在しませんが)」を探すのではなく、「ご自身とご自身のペットにとって適切な食事」を、メリットとデメリットをはかりにかけながら考える必要があるわけです。

「おじや+生食」のデメリットは、探せばなんらかのデメリットは出てくるのだろうと思います。
でも、デメリット以上にメリットをたくさん得られるのであればよいのでは?と思うのです。

もちろんワンちゃんにとっておじや+生食以上にピッタリのごはんが、世の中には存在するかもしれません。

ですが、それを一発で探し当てようとするのは、初めて買った宝くじで1億円当てようとするようなものですから、ちょっと無理があるかなと。焦らず、手探りながら納得できるものを探していけばよいのではないでしょうか?

少なくとも、飼主様にとっては、「おじや+生食」の組み合わせでもたくさんのメリットを感じる事ができているということですから、その部分は素直に受け止められてよいと思いますよ^^。

 

以上でご質問のお答えとさせていただきますね。

今日も最後まで目を通していただきありがとうございました。

 

* * * * * * * * * * * * * *  

今日もブログをご覧になっていただきましてありがとうございました。
もののついでに、ブログランキングのボタンもポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

 

 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

2010年1月22日 (金)

「アニマルコミュニケーション」

本日のお題は
「アニマルコミュニケーション」


そうです、
ペットと会話をするという、アレです。


なんで突然~??
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
私にとってはそんなに縁遠いものでもないわけなのです。
 
約3年前、お店を開業する前に、
知人の知人がコミュニケーションの能力のある人で、
ご縁があって花ちゃんの声を聞いて頂いた事がありました。
 
そのときには、花ちゃんは
「一緒にいられる時間が増えるから早く開業してほしいな」
「開業したら看板猫になって一緒に仕事をするわ」
と、
開業前の、バタバタでものすごーくしんどかった時期に、
涙がチョチョぎれるような嬉しい言葉を伝えてくれました。


それから約3年。
須崎動物病院を独立し、自分のお店を開業し、
(新しい猫までやって来て)
私と花ちゃんを取り巻く環境は大きく変わりました。
 
といってもなにか不満がある訳ではなかったのですが、
自分の仕事のペースが落ち着いてきて
気持ちにゆとりが出来たせいか、なんとなく、
「また花ちゃんの声を聞きたいなぁ」
と感じるようになりました。


…ということで、
基本的に「気になることは実行してみる女」、
KONTANIです。
さくさくとコミュニケーションも実行することに決定!
 

…といっても、
私には残念ながらその能力はありませんので
もちろん専門の先生にお願いしました!


内容は詳しく書くつもりはありませんが、
今回、前回を上回るほどの
【涙がチョチョぎれる嬉しい言葉】
を 、花ちゃんから伝えてもらうことができました。
 
 

いろいろ聞かせてもらった中で一番印象的だったのが、
花ちゃんから見た私たちの関係。
 
私は花ちゃんを【自分の子供・娘】と思って扱っていましたが、
実は花ちゃんにとってみると、私は彼女の親ではなく、
公私共々のパートナーだったとのこと!
これには驚きました!!
フィルウは二人のお店だそうです。
 
 
でも、そういわれてみると…
花ちゃんの態度や仕草がいろいろ理解できる気がしました。
  
これからは、私もはなちゃんを
「子供(庇護する相手)」
ではなく、
「パートナー(共生する相手)」
として扱わなきゃ! と思いました。
 
 
今回、コミュニケーションを受けて感じたことは、
自分とペットの関係性を、
いかに自分本位で考えていたか、ということ。
 
ついつい、住む場所と食事を提供していることで
「花ちゃんは自分が庇護し育てている」と
勘違いしてしまっていました。
 
そして、その勘違いがゆえに
「どうして(庇護者である)私の言うことを聞いてくれないの?」
と、理不尽な要求を花ちゃんに求めていたことも認識しました。
いやー心の底から恥ずかしいです。
 
 
もちろん、それ以外にもいろんな気付きがあって、
とても有意義な時間でした。
 
 
私がコミュニケーションをお願いしたのは
a-lunaの植松先生。
 
フィルウに通ってくださっている飼主さまが、
先生のことを教えてくださいました。
 
 
ペットコミュニケーション a-luna
 
 
もちろん、
このお話を信じるも信じないもあると思いますので、
「へ~そんなこともあるんだね」
程度で読んでいただくだけでも嬉しいです。
 
ココまで読んでいただき、本当にありがとうございました。
 
 
それでは本日はこれで失礼意します。
 
 

今日もブログをご覧になっていただきましてありがとうございました。
もののついでに、ブログランキングのボタンもポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/

  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

2010年1月11日 (月)

リメイクその2~おじやにする理由とその適量とは?~

こんにちは!

新年も明けてもう10日も経ってしまいました!
毎日毎日、「月日が経つのは早いわ~」と口に出してしまっている気がします。

そういえば、今日は朝のお散歩のときに、かすかですが雪?アラレ?を確認しました。
あっというまに終わってしまったので幻かも~と思う程度でしたけれども。

雪国育ちとしましては、今年は東京では雪にはお目見えできないかな?と、
さみしいような気持ちもありますが、
実際に雪が降ったら大変だろうなと思ってしまう気持ちもあり、若干複雑です。

 

さてさて、余談が長くなりました。リメイク2問目です。
   

【Question】

我が家の愛犬(ラブラドール。おす)は、今まで特に大きな病気もなく元気にすごしていますが、
やはりご飯の事に関してはずーっとドックフードを食べています。
でいつも良いものを捜して、調べて来ましたが、ある事がきっかけでおもいきって
手作りご飯にしようかなと思い立ちました。
とはいっても、なかなか勝手が分からず、
今までいろんな人の意見や本を参考にしてきました。
相手が人間ではないので特に食べ物の事は気を使っています。

そこで質問ですが
1)なぜおじやにするのでしょうか?
なんとなく固形物を噛んで食べる事がよいのかと思っていましたが
おじやだとあまり噛むより流し込む気がしますが…。
たしかにカリカリのドックフードも噛んではいないのですが…。

2)おじやのトッピング類が適量となっていますが、その適量が、わかりません。

分量例には細かく書いてあるのでその通りに上げればいいのですが、他の
組合せ方や何種類位組合せてどのくらいの量をあげればいいのかわかりません。


 
アドバイスおねがいします。

 

【Answer】

今回は、ご質問が二つありますね。順に回答していきたいと思います。

1)なぜおじやにするのでしょうか?
なんとなく固形物を噛んで食べる事がよいのかと思っていましたが
おじやだとあまり噛むより流し込む気がしますが…。
たしかにカリカリのドックフードも噛んではいないのですが…。

おじやをKONTANIがよしとする理由は効率よく水分を補給できるから
水分量が比較的容易に確保できて、その結果、体の循環/代謝が活発になることが
おじやの一番の魅力!
だと思います。
 
「たくさん水を飲んでね」と言葉で伝えてペットたちが水をたっぷり飲んでくれるのであれば
それで良いのですが、なかなかそううまくは行かない場合が多いですよね。

つまり、水分をたくさん摂取するには「食事から」摂取するのが効率的なことが多い、
ということです。逆に言えば、水分を十分に補給できる方法が他にあれば、
特におじやにこだわるわけではありません。

「おじやじゃなければいけないわけではない、でも、
おじやが水分を摂取するための方法として効果的である」

ということですね。(なんだか哲学的な言い回しになっちゃいました…)
 

また、「固形物を噛んで食べること」についてですが、
「固いもの(ドライフード)を食べないと歯が弱くなる、歯石がつきやすくなる」
という話をよく耳にします。

おそらく、元々は
●固いものを食べて噛み締めることであごの筋肉が鍛えられたり、
●堅いものを噛むときに歯の表面に付着した歯垢をこすり取っることができる

という話の内容だったのではないかと思います。
それが紆余曲折を経て人から人へ伝わるうちにいつの間にか、

◆堅いもの(ドライフード)を噛む/噛みしめることがあごの筋肉を鍛える
  
堅いもの(ドライフード)を食べなければ顎の筋肉は鍛えることができない!?

◆堅いもの(ドライフード)を噛むと歯の表面に付着した歯垢がこすり取れる
  
堅いもの(ドライフード)を食べなければ歯垢がたまる!?

となってしまったのだと思うのですが…
 

確かにドライフードを食べることで、顎の筋肉の強化や歯垢の排除が出来れば
一石二鳥かもしれません。

ですが、ドライフードだけでしか歯垢の付着を予防したり、歯や顎の筋力を鍛えることが
できないというわけではありません。

人間だって固いものもやわらかいものも食べますが、
堅いもの(ドライフード)以外を食べると、顎の筋肉や歯にとって悪影響をおよぼす!
なんて短絡的な発想には決してならないはずです。

顎の筋肉を強化し、歯につく歯石を減少させたい場合には
ロープなど、歯が食い込む丈夫な遊び道具を利用してたくさん噛んで遊ばせる。
引っ張り合いをする、などその手段に成りうると思います。

歯垢(歯石)へのご影響を心配されるようであれば、
固いものを食べさせるよりは口内のケア(歯磨きを含む)を重要視すべきだと思います。

2)おじやのトッピング類が適量となっていますが、その適量が、わかりません。

分量例には細かく書いてあるのでその通りに上げればいいのですが、他の
組合せ方や何種類位組合せてどのくらいの量をあげればいいのかわかりません。
 
 
頂いた質問文には「ラブラドール、オス、既往歴なし」という文面のみで、
わんちゃんの「年齢」、「体重」、「運動量」などの情報も不明ですし、
トッピングしたいものが何なのかも不明な状態ですので、
残念ですが、ご希望されているような『具体的な』お答えはできません。

ですが、おそらく、須崎先生の手作り食の本を読まれて、のご質問ですよね?
であれば、あまり難しく考えず、適量=適当で読み直されても問題ないかと思います。
(大雑把過ぎ??須崎先生に怒られちゃうかもです)
 

または、個々の食材が何g、などと量を考えるよりも、
毎食100gの範囲内で4種類の野菜をトッピングする、というような感じで
大まかな決め事にしておくとやりやすいと思います。

最近はたくさんの手作り食実践者さんがブログなどでレシピを公開してくださっていますから、
それらのブログを参考になさるのもよいのでは、と思います。

ただ、あくまでも目安は目安でしかないので、
最終的には愛犬の全体状態を見ながら適量を判断していく必要があります。

被毛や便の状態を確認しつつ、トッピングやおじやの量を決めていただければと思います。

 

以上でご質問のお答えとさせていただきますね。

今日もブログをご覧になっていただきましてありがとうございました。
もののついでに、ブログランキングのボタンもポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

 

  

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

2010年1月 1日 (金)

リメイクその1~手作り食にサプリメントは必要?~

みなさま、あけましておめでとうございます!
今年はどのような始まりになりましたか?

昨日から今日にかけて【寒波と大雪】と聞いていたので、
どんなお正月になるかなとドキドキしていましたが、世田谷は意外に晴天で、
お陽様が輝いてくださっている間は風が暖かく感じるくらいのお天気でした。

ポカポカの陽気のなか、先ほどお店の傍の松陰神社に参拝してきました。

お昼時で一番混み合う時間だったせいもあるかもしれませんが、
参拝場所までたどり着くのに40分かかりました!
東京の方にとっては当たり前の時間かもしれませんが、
田舎育ちのKONTANIにとっては参拝するのに40分待つというのは驚きです。
毎年のことながら、そんな所でも都会はすごいなーと感じてしまいました。

世田谷はこんな穏やかな元旦ですが、日本海側は大雪とのこと!
日本海側にお住まいの皆様は、年初めから大変なことと思います。
が、そんな元旦を乗り越えて今年一年もすばらしいものにしてください!

shine今年一年が皆様にとって、
そして皆様のわんちゃん猫ちゃんにとって
素敵な一年となりますようにお祈り申し上げます
shine

さてさて、先日のブログでお伝えさせていただきました通り、
しばらくは以前の質問のリメイクを行っていきたいと思っています。
今日はリメイク初ブログになります。どうぞ宜しくお願い致します。
  

【Question】

これから初めての手作り食を作ろうと思っています。
一番難しく感じてしまうのが、サプリメント についてです。
須崎先生のご本ではマルチビタミン・カルシウムのサプリメントとありましたが、
これはどちらも人間用のものでいいのでしょうか?
どの程度加えればいいのかも不安です。

栄養計算をして不足分を加えるのが一番いいのでしょうが、
毎回やる自信もありません。
栄養のバランスがかえって不自然に偏りそうな気がして、
普段自分ではサプリメントをとらない主義なんですが…

【Answer】

今回のご質問の中には
1)手作り食を実践するに当たってサプリメントは必要不可欠なものなのか?
2)与えるサプリメントは人間用のものを使ってもよいのか?

という、ふたつのご質問が含まれていると認識しましたので、
この2点についてお答えさせていただこうと思います。

まずはひとつめのご質問。
1)手作り食を実践するにあたって、サプリメントは必要不可欠なものなのか?

基本的には、現在健康状態が良好なペットに関しましては、
サプリメントは必要ないと考えています。
(もちろん、状況による…という前提はありますが)
  

私がサプリメントを奨めるのは

① 体調不良が存在し、体力の底上げが必要な場合
② 基礎疾患が存在し、消耗状態がある場合
③ 現在健康だが、さらに健康を追求したい場合


主に上記の状況の場合です。
 

「食事で足りない栄養素を補うために摂取してください」
という形でサプリメントをお勧めすることは特にありません。
健康で、色々な食材を好き嫌いなく食べることが出来る子であれば、
日々の食事から生命活動に必要な十分量の栄養素は補給できると考えます。

ただ、そうはいっても、
「手作り食だと栄養が偏りそうで不安なんです」と思う方の場合には、
不安を感じながら手作り食を続けるよりは、サプリメントを利用することで
安心して手作り食を続けられるほうがよい場合もありますので

そのようなときには適切と思われるサプリメントをおススメさせていただいています。

サプリメントに頼りすぎるのは問題ですが、
ご自身が安心できる程度に上手に利用できると良いと思います。

次にふたつめのご質問です。
 
2)与えるサプリメントは人間用のものを使ってもよいのか?

基本的には問題がないことがほとんどでしょう。
(ただし、もちろんペットと人では必要な分量が異なったり、大きさが様々だったりしますので、
 人用のものを購入されると色々と使いにくい部分はあるかもしれません)


人間用のサプリメントを選ぶのであれば注意したいのは、
人用のサプリメントはペット用のサプリ以上に種類も豊富で値段もピンキリで、
値段と同様、質もピンキリだということです。

「どのサプリメントが良いのか?」
「どのサプリメントが良くないのか?」
は、正直、パッケージを見ただけでははっきりとはわかりません。

ある程度は値段が目安になりますが、ペットに使用される前に、
ご自身で一度使われてみるのもよいかもしれませんね。

最後になりますが、
サプリメントを使う前に、
●どのような成分が入っているのか
●どのような場合に利用するサプリメントなのか
●そのサプリメントを与えることで自分のペットにどのような効果を期待できるのか
●そのサプリメントの料金がご自身の負担にならないか 
をなど気にしてみてください。

「人から良いと勧められたから」は、実はNGですよ!
ご友人のわんちゃん猫ちゃんに効果があっても、
自分のペットには効果がない場合も多々あります。

単純に薦められたものを鵜呑みにして購入するのではなく、
勧められたものをご自身で『調べて』、そして『このサプリメントなら信用できるかも!』
と思えてから購入するようにしましょう。

せっかく高いお金を払って利用するサプリメントなのですから、
きちんとご自身が納得して利用できるように、
ちょっとの手間を惜しまないようにしてくださいね。

 
以上でご質問のお答えとさせていただきますね。

今日もブログをご覧になっていただきましてありがとうございました。
もののついでに、ブログランキングのボタンもポチっとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

  

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/