« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月 8日 (金)

新型インフルエンザウイルス騒動を見て思うこと

こんにちは、気がつけばゴールデンウィークも足早に過ぎ去り、
あんなに賑わっていたペットホテルもだいぶ落ち着きました。
みなさんが「もう終わっちゃった〜」と感じるゴールデンウィークは、
私にとっては「やっと終わった〜」という日々でもあります。

それにしても、今年のゴールデンウィークはいろいろ賑やかでしたね!
特に、個人的に新型インフルエンザに注目していました。

今回の新型インフルエンザ騒動で色々と思う所があったものですから、
本当であれば前回ブログの続きを更新すべきなのですが、
その前にこの場所を借りて自分の思う所を皆様にお伝えしてみようと思います。

ちょっと重く長いお話になってしまうかも知れませんが、お付き合い下さいませ。
 

テレビやインターネットの情報網が発達し、
私たちは本当に手軽に、様々な情報を手に入れることができるようになりました。

その分、情報が氾濫しやすくなり、
本当なのか嘘なのかも分からない情報に踊らされる事も増えてきたように思います。

今回の新型インフルエンザウイルス騒動も、
様々な情報に日本全体がもてあそばれているような印象を受けました。
どこかで「今回の騒動は、新型ウイルスではなく情報のパンデミックだ」
と表現している方がいましたが、うまく表現される物だと感心してしまいました。

テレビを付ければ

やれどこやらで感染者が出た、
いや調べてみたら間違いだった、
そんな間にあちらでまた新たな感染がみつかった、
いやまた間違いだった…

感染を疑う人があの電車に乗ったかもしれない
あの場所にいたかもしれない

感染を疑う人が歩いた道のりを全部公開すべきだ、
感染した人の住所/職業/学校などの情報公開をすべきだ…

などなど、まるで、感染(疑い)者=犯罪者を捜索しているような状況でしたよね。

毎日コロコロと変わる報道の真偽を確認するすべを持たない私たちは、
テレビや新聞から流れてくる情報を信じるしかありません。

ですが、連日の「不確かな情報」により国民があっというまに不安に包まれ、
そのため医療機関や国への不信感が国民の間に植えつけられていく状況が
存在したと思います。

「診療拒否」
「検疫漏れ」

あたかも医療者や検疫関係者の落ち度であるかのような表現をよく目にしましたが、
医療者や、日本の検疫関係者は相当水際で頑張ってくださっていたと思います。
こんなときこそ、報道の力を使って国全体の信頼関係を強化し協力し合うべきだ!
と思ったのですが、とても強力し合うような状況には見えませんでした…。

と、話がずれてしまいましたが…
 

そして、そんな今回の新型インフルエンザ騒動を眺めつつ、
私が非常に恐ろしいと感じていたこと。

それは『もし、今後、日本で狂犬病が発症してしまったら?』という疑問です。

狂犬病が発症してしまった場合、今回のように、
まことしやかに情報が煽り立てられたとしたら…
日本国民のパニックの矛先はどこに向かうのか…?

皆さんは、その状況を想像することができるでしょうか。  

以下からは、KONTANI個人の意見です。 

私は、狂犬病の予防接種は受けるべきと思っています。

ワクチンの弊害などを心配される方もいらっしゃいますが、
それを考慮しても、私の考えは上記のとおり変わりません。
それは、なぜか。

もちろん狂犬病という病気から、犬を、そして人間を守るため、
という公衆衛生的な意味もあります。

でも、それ以上に
もし日本で狂犬病が発生してしまったら、
世間一般の恐怖の矛先がどこにむかうのか?

ということを考えてしまうからです。

今回のインフルエンザ騒動を見ても分かる通り、
狂犬病が今、日本に発生してしまったとしたら…、
十中八九 日本国内はパニックに陥るでしょう。

日本国民がが狂犬病パニックに陥ってしまったとしたら、
どのような状況が発生するか…。
もしかしたら、私は一番最悪の事態を想像してしまっているかもしれませんけれど…、
殺処分を含め、恐ろしいことが起こる気がしています。

私が狂犬病の予防接種を受けるべきだと考えているのは、
万が一狂犬病が発症してしまった時に、
狂犬病予防接種証明書を持ち、
そして国への登録を行って
いることが
パニックに陥ってしまった世間から犬達を守るための

【免罪符】と考えているからです。

【免罪符】を持っていれば大丈夫、と言い切る事はできませんが、
少なくとも【免罪符】を持たない事が最悪の状況であることは間違いないでしょう。

そして、私は国から免許を頂きました獣医師でもありますから…
そもそも、狂犬病の流行を生じさせないためにも、
みなさんに、声を大にしてお伝えさせていただきます。

狂 犬 病 の 予 防 接 種 は ち ゃ ん と 受 け ま し ょ う !

体調不良や病気治療中のため狂犬病の接種が出来ない場合には、
かかりつけの先生に相談して「狂犬病予防接種の免除(ゆうよ)」をお願いしてください。

「うちの子小さいから…噛まないから…」なんて言う理由は
残念ながら免除理由になりません!

日本国内で犬を飼う以上、
どんなに納得がいかないものであったとしても、
日本の法律に準じて犬を飼うことが前提です。

また、法を守っていない場合は、
様々な面で不利益を被る可能性がある事をきちんと理解しておきましょう。
法を守っていない場合は、法で守ってもらう事はできません。

ああ、稀にちゃんとした(?)獣医らしいことをいうと肩が凝ります。
うまく皆様にお伝え出来たかどうかはわかりませんが、
KONTANIの「狂犬病予防接種について思うところ」をお伝えさせていただきました。 

※一応申し添えておきますが、KONTANIが今回ブログに述べた
「狂犬病ワクチンを接種すべき」という概念の中には
「犬猫に対するワクチンの影響」に関してのKONTANI考えは
まったく反映されていません。

なぜなら、「犬の体にとって負担(デメリット)であるかどうか」ということと、
「法律で必要であるかどうか」はまったく別のお話であるためです。
その点ご理解ください。

私の長い独り言にお付き合い下さりありがとうございました。

↓ ↓ ポチッとお願い致します。

人気ブログランキング
Photo
  

 

 


………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/