« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月25日 (火)

腎臓にやさしい食事

ここ最近の気温の変化に若干やられぎみのKONTANIです。
みなさまは大丈夫ですか?まだまだ気の抜けない時期なんだと実感しています。

もうじき3月も終わり、新しい年度になりますね。

桜が大好きな私です。
東京はどこに行っても綺麗な桜を見られる場所が多いので嬉しいですね。
今年はどこに行ってこようかしら。

みなさま、おススメのお花見スポットがありましたら、どうぞ教えてくださいね♪

 

それでは本日のご質問に移りたいと思います。
本日は、一緒に2つのご質問をご紹介させていただきます!

【Sさまからのご質問】

我が家の犬は11才のオスです。腎臓があまり良くないようで、
点滴に週2回通院し腎サポートを食べさせていますが、
手作り食で腎臓に優しい食事は有りませんか?
 

【Mさまからのご質問】

うちの犬は11才のスプリンガースパニエルで、
腎臓が弱ってきていると言われています。
わかったのは約3年前です。

それでそんな犬向けの手作り食を何種類か教えていただきたいのです。
本などにも載っていますが、たいてい1、2つのメニューです。
何種類か教えていただければ、毎日それらを順番に与え、
手作り食に切り替える決心ができそうです。
現在は腎臓サポートフード(ドライ)にトッピングをしています。
トッピングはいわし、さば、さつまいも、あずき、かぼちゃ、にんじん、

大根、納豆、豚肉などです。

現在の症状をお話しますと、、、
血液検査ではまだ悪い数値はなく、尿検査で比重が低く、
1、020から1、015あたりを前後しています。

症状的には、午前中は寝ている事が多く、
朝のお散歩をあまり行きたがらない事と(夕方は30分から1時間行きます)、
走る事が減ったくらいで、若い時よりも疲れやすくなったなあと思う事です。

近所に手作り食をアドバイスしてくれる獣医さんがおらず、
腎臓の事もあるので素人の知識では不安で、手作りに切り替えられずにいます。
どうかお力を貸して下さい。お願いします。

5回にわけて回答させていただきました!

↓ ↓
 
その1 http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/no1-33e6.html 

その2 http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/no-b6f4.html

その3 http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/no-3c36.html

その4 http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-7295.html

その5 http://filou.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/no5-4a60.html

 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/

2008年3月22日 (土)

ご報告です★

先日から告知させていただいていました「食育体験講座」が、
おかげさまで定員に達しました♪

食育に興味を持って下さっている方が多いということは、とてもうれしい事です。
そして、私の役割は「食事に興味を持って来てくださる方々に楽しんでいただくこと」です。

大役です~^^; 若干緊張気味…

でも、楽しい講座にできるように、いろいろ考え中です。
来てくださる皆様、楽しみにいらして下さいね♪

そして、その他の食育インストラクターの方々も、積極的に講座を開催されています。
東京以外での開催もありますので、ご興味のある方は下記のページでどうぞご確認ください。

埼玉県2008年3月29日(土)/11:00~13:00/講師 三浦博美
http://blog.livedoor.jp/fivel/archives/51352700.html

宮城県2008年4月10日(木)/13:00~15:00/講師 鈴木美由紀
http://cs.nekoyashiki.jp/gohan_01.html

埼玉県2008年4月12日(土)/11:00~13:00/講師 三浦博美
http://blog.livedoor.jp/fivel/archives/51352700.html  

千葉県2008年4月29日(火・祝)/13:00~14:30/講師 高岡まちこ
http://apna.jp/index.php?%B9%F0%C3%CE


また、4月6日に、ペット食育協会オープニングセレモニーが開催されます。

会長でもある須崎先生が、最新の医療事情を始め、
意外と知らなかったペットの食事事情についてお話ししてくださります。
また、飼主さまを始め、フード業界、獣医、ペットビジネス関連者等の
様々な方の交流の場となることをもう一つの目的としています。

日程 2008年4月6日(日)
時間 14:00~16:00
会場 ドッグカフェ HONEY'S GARALLY CAFE
場所 横浜駅側側のベイクォーター4F
費用 5000円(セミナー代、飲食代含む)
人数 約100名
立食形式(椅子もあります。)

お申し込みはペット食育協会のHPから可能です。
http://apna.jp/index.php?20080406

ペットの食育が、どんどん広がっていくことを願って☆

Photo人気ブログランキング
ここまでご覧になってくださったことに感謝☆いたします。 

 hairsalonフィルウのトリミング風景です♪
   → 三毛猫 花の トリミング レポート

 restaurantフィルウ特製手作りごはんのブログはこちら♪
   → ペットホテル フィルウの特製手作りごはん

 【フィルウ】手作り食 と 自然療法 の 動物病院

2008年3月20日 (木)

選択肢を増やすために

先日、須崎先生のブログでも告知して頂きましたが、ペットクリニックフィルウでも、
体質改善・予防のためのバイオレゾナンストリートメントへの取り組みを始めました。
(詳細はこちらでもどうぞ⇒http://susaki.cocolog-nifty.com/blog/2008/03/post_f9a1.html

なにか「ピン!」と来ることがあれば、ご遠慮なくお問い合わせくださいね。

 

【お知らせ】食育体験講座の開催につきまして

3月30日に、APNA主催の食育体験講座を開催いたします。
午前午後とも、まだ空きがございます。
この機会に、手作り食をはじめてみたいという方から今現在手作りを実践中だけど、
なんとなく不安がある方まで、どうぞご参加ください♪

それでは本日のご質問に移りたいと思います。

先日、先生のブログにて白内障に関する質問への回答を拝見しました
(ブログはこちら→
犬の白内障の治療法は?

今、我が家には3歳のオスのシーズーがいます。
右目が生後二ヶ月ぐらいで白内障になりました。
3歳になると、両目に角膜ジストロフィー(角膜脂質沈着)になりました。

眼科専門医の診断では両方手術で治療可能とのことでしたが、
費用が、70万近くします。費用と遠方のため病院通いが困難なこと、
犬への負担などで悩んでおります。
今後、犬が痛みや不快感を感じることなく、生活できるのであれば、
このまま点眼薬でがんばりたいと思います。

先生はどのようにお考えですか?

こんにちは、ご質問をありがとうございます。
今回は手作り食に関する質問ではありませんが、
ブログへのご質問として頂きましたので不得手ながらお答えさせていただきます。

とはいっても、ちょっとお答えが難しいご質問ですね。

私は残念ながら眼の専門ではありません。
また、そのワンちゃんの眼の状況も把握していない状態で、
現在の状態・今後どうなっていくかに関してのアドバイスを
安易にお伝えすることはできません。大変もうしわけございません。

ワンちゃんの眼の状態に関しましては、
眼科の先生としっかりご相談いただくことが一番大切だと思います。
とはいっても、それは「手術を行う」という意味ではありません。

眼のことを詳しく知っている先生に、
●どんな選択肢があるのか?
●どんな選択肢を選ぶことができるのか?

ということをたくさんご相談していただくことがとても重要だと思うのです。

たとえば、
・手術ではどんな手術を行うことになるのか?
・必ずしも両目の手術が必要なのか?
・必ずしも手術は必要なのか?
  →手術しなくても治る可能性は?
  →手術をしなければいけない理由は?  
・手術しなかった場合はどうなるのか?
・手術しなかった場合の治療法はどうなるのか?
・点眼治療の効果はどれくらいなのか?
・手術・点眼治療以外の治療法は存在しないのか?
・犬が何を求めているか?
  →犬自身にとっては、手術を含めてどの治療がいいのか?

  

…と、ざっと思いつくままにいろんな疑問符を作り出してみましたが、
おそらくもっともっといろんな疑問符・選択肢が出てくると思います。

手術を選択することが間違いだというわけではありません。
それもひとつの有効な手段だと思います。

ただ、
「眼科の先生に手術が一番といわれたから」
という理由で手術を選択することは正しくないと思います。

 

獣医師は「選択肢」を提示するだけです。

そのなかで選ぶのは飼主さまです
責任を持って、
飼主さまご自身とワンちゃんにとって納得いく方法を選ぶしかないのです

そして、あえてもう少しお伝えすると、
ワンちゃんにとって一番大切なのは飼主様のきもちです。

たとえば飼主さまが、
「私が選んだ治療法は本当に正しかったのかしら…」
「この子のためには良くなかったのではないかしら…」
「かわいそうなことをしてしまったのではないかしら…」

など後悔の気持ちを持ち、ワンちゃんに対して罪悪感を持っていたとしたらどうでしょう?

ワンちゃんにしてみれば、
「自分のせいでいつもお母さん(お父さん)が落ち込んでいる…ごめんなさい」
と思ってしまうのではないでしょうか。

たとえば極端な話、全く結果に結びつかない選択肢を選んでしまったとしても、
「私はこの子にとって、そのときに一番いいと思える選択肢を選んできた」
と自分の選択してきたことに自信を持っていられれば、
ワンちゃんも、自分のことで飼主さまが落ち込んだりする様子を見ずに過ごせますから、
幸せに過ごせるのではないでしょうか。

今回のご質問の状況に関して、直接個人的な意見を申し上げることはできませんが、
ただただ思うのは、どんな状況であったとしても、
その子を大切に思っている飼主さまであれば、間違った選択をすることはありません。

その場、その時にその子にとって一番いいと思う選択肢を選択しているはずです。

だから、もっと自信を持って、ワンちゃんと向き合ってください。
どんな結果になったとしても、ワンちゃんはちゃ~んと受け入れてくれます。

まったくもってご質問のお答えには程遠い気もしますが、ご勘弁くださいませ。

それでは本日はこれで失礼いたします。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。
最後にワンポチ、どうぞよろしくお願いいたします。
  
3_3 花バナーをぽちっと一回

 

 

 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/

2008年3月14日 (金)

ペットの食育体験講座

とりあえず、下の写真をぽちっと押してみてください。きっといいことがありますよ♪

人気ブログランキング
Photo
 

 ご協力ありがとうございました♪


おかげさまで、下りに下っていた順位も少しずつ回復してきています。
皆様の応援が、とっても励みになっています!ありがとうございます。

さてさて、最近は、だいぶ気持のいいお天気の日が多くなってきましたね。
お天気がいいと、お預かりの子をお散歩に連れて行くのが、
いつもよりもっと楽しくなります♪

でもそのかわり…やっかいな「花粉」が飛び交う時期にもなりました。
皮膚のかゆかゆを持っている子たちにはちょっと辛い時期でもありますよね。

でも、よく思うんですけど、花粉症って都会の病気…ですよね。

 

私の弟がそうだったのですが、
田舎暮らしのときにはまったく花粉症の「か」の字も症状はなかったのに、
都心に出てきた途端に発症する場合が割と多いようです
それとは逆で、東京から転勤で田舎に移ったら、症状が治まった
なんて話も(人でもペットでも)よくあります。

変な話、スギ花粉にしてもブタクサ花粉にしても、東京よりよっぽど
田舎の方が群生してたくさん飛んでいると思うんですよね(偏見?)。
ということは、きっと、「花粉症」という名前はついていても、
花粉だけが悪いわけじゃないんだろうな~と想像してしまいます。

最終的には、花粉に反応してしまう「原因」が、
その人その子の体にあるということなんですよね。
花粉をひたすら恨むだけではなく、視点を変えて、
「原因」そのものも上手にケアできていくといいかなと思ったりします。

 
さてさて、今日はセミナーのお知らせをさせていただきます。

前回のブログでもちらっと触れましたが、実はワタクシ、
この1月に須崎先生が発起人として立ち上げた
APNA 【ペット食育協会】」のインストラクターだったりします。
 

APNAとは…↓↓
APNA 【ペット食育協会】 http://apna.jp/

 
APNA 【ペット食育協会】は、
私たちとペットの生活を、より良く快適なものにしていくためのひとつの手段として
「ペットの食」を見直してみようというコンセプトのもの発起された協会です。

その協会の中の一つの理念として、
「ペットの食に関する知識を習得し、ペットの食事を飼い主が
自信を持って選択できる判断力を身につけるために必要な情報の普及」

を掲げています。

私自身は、フィルウを作る時に
「手作り食の良さを、いろんな人に伝えていきたい」という思いをこめて作りました。

それは、病気の子が、病気に立ち向かうために実践する手作り食だけではなく、
健康な子も長く元気で幸せに生きていくための手作り食を伝えることにもつながります。

とはいっても、私自身は「手作り食は全ての病気を治すパーフェクトフード」なんて
思っているわけではありませんし、「ドッグフードは食べちゃだめ!」といって
全否定する気もありません。

それは「何を食べているか(食材)」ということ以上に、
「どうやって食べているか(調理法含む)」
「どんな気持ちで食べているか(安心感・満足度)」

という部分が重要
なんだと感じることが多いからです。

そして、上記のことをすべてをひっくるめて「食育」だと思っています。

これから、獣医師KONTANIとしてだけではなく、
APNAのインストラクターとして、食材にこだわるだけではなく、
「『食』というものの『なにが』大切なのか」を伝えていけるといいな、いえ、
伝えていきたいなと考えてます。
 

あっと、また文章が硬くなっちゃった…
私の悪い癖で、ついつい自分の想いを語り始めると
熱中して文章が長く硬くなっちゃうんです。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

えーっと、つまり、ぶっちゃけ、
APNAインストラクターとして食の大切さを伝えるための体験講座をやります!
と告知したかったわけです。
 
ほんと、前置きが長くてスミマセン(汗)。
 

ではでは、体験講座の開催要項です。

【場所】 ペットホテル&クリニック フィルウ(紺谷のお店です)

【日時】 3月30日(日)、午前と午後、2回の開催を予定しています。
     午前の部  11:00~13:00
     午後の部  15:30~17:30

【募集人数】 それぞれの部で最高3人

※午前の部、午後の部ともに最低2人以上の方が「参加します!」と
 言ってくださいましたらそれぞれ決行させていただきます。
 残念ながら各部とも2人以上の参加のご希望がない場合は中止とさせて
 いただきますので、あらかじめご了承ください。

【内容】
セミナーと質疑応答、そして初心者さんのための手作りごはん実演を
盛り込んでいく予定です。
2時間という長いようで短い時間なのですが、お話し会とはまた違った感じで、
さらに少人数で和気あいあいと、堅苦しくないように取り組みたいと思っています。

基本的にはこんな方が対象です☆

◎手作り食がよくわからない方。
◎手作りと既製フード、どちらも与えているけれど疑問を感じている方。
◎ペットの健康と食事の関係に関心がある方。
◎ペットの為に学びたい方。

【参加申込方法】
メールで受付けいたします。
アドレスはfilou-info★filou.jp(★の部分を@に変えてアドレスとして下さい)
その際、件名は『食育講座受講希望』でお願い致します。
お名前・ご住所・ご希望日・当日連絡がとれる電話番号・メールアドレス
午前の部か午後の部、どちらかご希望の時間帯

そして、食事(フード、手作り食どちらでも)について必ず知りたい質問をご記入願います。
お申し込みいただきましてから、こちらから確認メールを返信致します。    

 
【料金】1名様 4,000円
確認メールで振込み先をお知らせします。お申込み後7日以内にご入金下さい。 

  
【注意事項】
※申し訳ありませんが、犬猫を同伴しての参加は出来ません。
※受講生のご都合によりキャンセルされた場合、お振込み頂いた料金は
 お返しできません。
※個人的な録音・録画はお断り致します。
※あくまでもペットの食育を楽しく学ぶ体験講座ですので、講座の進行を妨げる
 可能性がある方、他の受講生の方と友好的に交流できない可能性がある方、
 ケンカ大好きな方は、参加をご遠慮願います。
※定員に達した場合は、受付を締め切りますので御了承願います。          
※万が一、講師の都合により、急遽、講座が中止になる場合は、出来るだけ早急に
 ご連絡し、返金致しますので、予め御了承願います。

お話し会を初めて開催しようと思ったときと同じ気分です。
一人でも多くの人が、興味を持って下さると嬉しいです。

それでは、皆様からのお申込みをお待ちしています!

 

 

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/