« 3歳のワンコのごはんについて(リメイク) | トップページ | 鳥骨について(リメイク) »

2007年4月 7日 (土)

水について気になること(リメイク)

こんにちは、KONTANIです。
皆様、今日は素敵な一日でしたか?
私は先日寒さ対策を怠ったことにより、ばっちり風邪を引いてしまいました(>_<)。
医者の不養生とはこのことです。
健康な身体で生活できることに感謝を感じる一日にもなりました。

さて、本日のご質問は、「水について」です

Question

食べ物でなく、飲み水について質問です。
最近の新聞やテレビのニュースで、水の汚染が問題になっています。
気になる飼い主さんは、浄水器で塩素抜きの水をあげているようですが、
はたして、塩素だけぬけば、良質の水になるんでしょうか?ま
た、もし有害物質が含まれているとしたら、私たちはどうしたらいいのでしょうか?

Answer

水の汚染…、人にとっても動物にとても気になる話題ですよね。
汚染として気になる部分は、塩素や重金属・化学薬品物質。そして、病原体の問題です。

もちろん、こういう物質たちは、避けられるなら避けた方がよいのは確かです。
 
ただ、正直、現在の世の中でこれらの汚染物質を全て排除して生活していくことは
不可能なのでは?とも思います。
また、浄水器で塩素を抜いた水は非常に衛生管理が大変になります。
保存がきかないことで、逆に菌の発生が生じてしまうということもあります。
塩素を抜けばよい、ということでもないんですね。

ですから、ひとつの考え方として
入ってきてしまうものはある程度しょうがない。
防御するだけでなく、入ってきてしまったなら速やかに排泄すればよい

と思って頂くことはできないでしょうか?

人間や動物の体の中にある肝臓や腎臓という臓器は、
(個体差はありますが)ある程度の有害物質の排泄はもともと行ってくれています。
   

ただ、有害物質の摂取量が肝腎のキャパシティ(許容量)を超えてしまうと、
排泄症状が体の各所に出てくることになりますから、そういった場合は、
食事の内容を変えたり、または排泄を促すサプリメントなどを上手に使って、
身体の排泄のお手伝いができるといいのではと思います。
いわゆるデトックスを積極的に行う、ということですね。

身体の自然の排泄機能と食事内容を整えることでかなりの部分の排泄は可能ですが、
重金属は、身体の中に蓄積しやすい物質でもありますから、
汚染が気考えられるようでしたら、定期的に重金属対応サプリメントを使用するのも
ひとつの選択肢としてあってもよいと思います。

まとめますね。
 
有害物質に関しましては
●不必要な摂取は避ける
●体内に入ってしまったものに関しては積極的に排泄する

という考え方で対応してください。

 

以上、KONTANIからの回答とさせていただきます。
ご質問頂きましてありがとうございました。

 

………………【ペットクリニック フィルウ】手作り食 の 動物病院 ………………

  cloverFacebookページ【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurant手作り食の疑問にお答えします!
   → 獣医師KONTANIの手作り食一問一答ブログ

  ペットホテル&クリニック フィルウ:http://www.filou.jp/
  スマートフォンサイト:http://www.filou.jp/sp/      

« 3歳のワンコのごはんについて(リメイク) | トップページ | 鳥骨について(リメイク) »

食材について」カテゴリの記事