2019年11月 9日 (土)

寒暖差にご注意!

秋になり冬が近づき、毎朝毎晩のお散歩がおっくうに感じる時期になりましたね。
人間は寒ければダウンなりセーターなりを着込んで防寒することができますが、ペットは、外気温に合わせて自分で洋服を着込んで調整するということができません。

そこで問題となってくるのが、お散歩の際の寒暖差。
暖かいおうちから寒い外に出たときに感じる寒暖差…実は、シニアや心臓病を患っている子にとって、とっても危険だってご存知でしたか?

暖かいと血管は広がります。
寒いと血管はきゅっと縮みます。

冬、暖かい部屋から寒い外にでると、温まって広がっていた血管が冷えて急激に収縮しようとします。
このときに、健康な血管や心臓であれあばその変化にも対応ができますが、加齢や基礎疾患があって血管が弱っている場合には、急に収縮しようとすることにより血管が破れてしまったりします。また、心臓にトラブルがある場合には、急に血管が収縮してしまうことにより発作を起こす原因になることもあります

そういったリスクを少なくするためには、急な気温の変化を体に感じさせないようにすることが大切です。
寒い日にお散歩に出かけるときには、暖かい場所からすぐに外に連れ出すのではなく、玄関や廊下などでしばらく体を寒さに馴染ませるように時間を置いてから出かけるようにすると、急激な気温変化を感じずにすみます。
寒暖差を防ぐためにダウンジャケットなどの洋服を着せるのもひとつの方法ですが、洋服だけでは防ぎきれない場合もありますので、外に出す前に段階を踏んでいただくことは常に心掛けていただくとよいと思います。

20191109
太郎くん「ダウンジャケット、あったかいよね!僕もよく着るよ!」

 
また、そうやって外的な刺激を予防していくと同時に、気温差・寒さに負けない体を作るための食生活や生活習慣がとても大切です。

◆バランスの良い食事 
◆適度な運動 
◆十分な睡眠 

健康を保つ習慣は、人間とおなじ!
ただし、運動量や睡眠時間は犬種や大きさによっても異なりますので、ご自身の愛犬がどんなタイプかをよーく観察しながらサポートしていただければと思います。


愛犬・愛猫の健康状態を把握したい方のために、現在「秋のバイオレゾナンス検診」も行なっています。
ご興味のある方はウェブサイトの「ご予約 紺谷獣医師」のページから、またはお電話にてご予約ください。

                    

「ハブラシとクマザサエキスのお得なセット」
 ただいまフィルウマルシェにて販売中です!
 

 ご購入はこちらから → フィルウマルシェ

                    

 

KONTANI拝   

 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆

 

ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
世田谷店のゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
光が丘店の日々あれこれ フィルウ光が丘店ブログ 

2019年10月14日 (月)

秋の検診のお知らせ

こんにちは、KONTANIです。

春に行わせていただきましたKONTANIの「春のバイオレゾナンス検診」。
非常にご好評で、バイオレゾナンスを初めて受けられた飼い主様から


「できれば一年に最低2回は全身状態を確認したいので、
ぜひ秋も検診を行なっていただけませんか?」

「友人にも進めたいので、もう少し検診の期間を延ばしていただけませんか?」


というご要望をいただきました。

ご自身のペットの状態を定期的に確認しておくことは
非常に大切なことですし、

バイオレゾナンスにご興味を持っていただく機会が増えるのは私としても非常に嬉しいですので、

2019年10月21日〜12月10日までの期間で
「秋のバイオレゾナンス検診」
を行なわせていただくことにいたしました。

 

20160505_ps10


内容は

・視診・触診・聴診による状態確認

・バイオレゾナンスによる体内状態のチェック
・食事に関するアドバイス
・生活習慣・環境へのアドバイス

・サプリメントに関するアドバイス
・20分程度のバイオレゾナンストリートメント
 

になります。
 

期間中に検診をご希望いただいた場合は、
初診料・再診料及び相談料は発生いたしませんので、
バイオレゾナンスにご興味のある方はこの機会にぜひおためしください!

 

 

【検診内容】 
身体検査、バイオレゾナンスチェック、トリートメント(約20
分)、各種ご相談(約20分)

【検診料金】
 
8,800円(税込)


【所要時間】
 
およそ1時間半

※ペットを1時間ほどお預かりさせていただいてのチェックの後、その後20分ほどご説明・ご相談をさせていただきます。

 

🐶バイオレゾナンスメソッドについて🐱
体に周波数を当てて、各種臓器の状態を探り、西洋医学とは違う視点から全身状態を把握する方法です。

 

バイオレゾナンスによる春の検診をご希望の方は、
ウェブサイトの「ご予約 紺谷獣医師」のページからお申し込みを頂くか、お電話にてご予約を承ります。
※ウェブサイトでのご予約は10月18日から可能になります。


ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

KONTANI拝   

 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆

 

ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
世田谷店のゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
光が丘店の日々あれこれ フィルウ光が丘店ブログ 

2019年10月 2日 (水)

ハブラシを使って歯磨きにチャレンジしてみませんか?

こんにちは、KONTANIです。

ようやく秋っぽくなってきましたね!
食欲の秋、ということで、我が家の猫たちの食欲も増しております笑

さてさて、たくさんごはんを食べたあとに気をつけたいこと…。
それはやっぱり口内ケアですね。

人だけでなく、犬や猫にとっても口腔内の状態を清潔に保つことは非常に重要です。
口腔内の状態をキレイに保つためにまず大切なことは口の中の汚れを取り除くこと
口の中の汚れをキレイに取り除くためには、毎日のハブラシでの歯磨きが一番効果的です。


ということで、一人でも多くの皆様にハブラシ歯磨きをチャレンジしていただきたいと思い、
マルシェにてプチキャンペーンを行わせていただくことにいたしました!

プチキャンペーンの内容は、
●初心者でも磨きやすい360度ハブラシ1本(定価680円・税抜)
●口腔内の除菌効果抜群!クマザサエキス3ml1本(定価1000円・税抜)
の2点が1500円(税抜)となるというもの。

しかも!
送料無料です^^

キャンペーンは10月4日(金)〜11月30日(土)までです!
ちょっぴりお得なこの機会に、ハブラシを使っての歯磨きにチャレンジしてみませんか?

 

スタッフが新しく迎えた子猫さんも、歯磨きチャレンジ中♪
 
20191002_20191002195701

とっても上手に歯磨きできました!
やっぱり小さな頃から慣れておくのは大切ですね^^
 

                    

「ハブラシとクマザサエキスのお得なセット」
 ご購入はこちらから → フィルウマルシェ

                    

 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆

 

ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
世田谷店のゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
光が丘店の日々あれこれ フィルウ光が丘店ブログ 

2019年9月27日 (金)

白内障について

愛犬が年をとったなぁと感じる要素のひとつに「目が白くなってきた」という状態があると思います。
いわゆる『白内障』とよばれる状態ですね。

白内障は、黒目の奥にある水晶体部分が白く濁ってくる状態です。
水晶体が濁るのは、そこに含まれているタンパク質が酸化を受け変化するためです。


酸化の要因として考えられるのが、主に光(紫外線)です。
水晶体は光を大量に通すため、どうしても紫外線による酸化障害を受けやすいということもあります。
また、加齢により体内の抗酸化物質が減少してくることも、白内障が発症する要因のひとつになります。

 

 
「白内障を治すにはどうしたらよいですか?」

「白内障を予防するのに良い食材はありますか?」

よくご質問を受ける内容です。

白内障を食事で治す方法は私にはわかりません。

ただ、白内障が『酸化』が原因で生じている場合は、
・酸化する機会をなるべく減らすこと
・現在生じている酸化を改善させる努力をすること

で、白内障にもよい効果が出ると考えています。
 

1)酸化する機会をなるべく減らすこと
水晶体の酸化を予防するためには、目から入る紫外線の量をなるべく減らしましょう。

時期で言えば、5月から9月ごろまで、
時間帯で言えば、10時から14時ぐらいまでが紫外線が強くなります。

上記の紫外線が強い時期や時間帯を避けながらお散歩するだけでもだいぶ負担は減ります。
また、紫外線対策の準備(犬用ゴーグルやサングラスなど)を行なって外出するのもいいですね。

 

2)現在生じている酸化を改善させる努力をすること
白内障が進行する(酸化が進む)要因として、体内の抗酸化物質が不足していることも考えられます。
そのため、抗酸化物質を食事から摂取するよう意識することも大切です。

ビタミンC」「ビタミンE」「ポリフェノール」「カロテノイド
を含む食材を意識して食事に加えてください。

食材から摂取するのが難しいと感じる場合は、サプリメントで補強するのもよいと思います。

 フィルウで扱う抗酸化サプリメント
 エフ水素:https://filou.jp/shop/f_uv/


また、それらの抗酸化物質・目に必要な栄養素が滞りなく目に届くように、
目周りのマッサージを行い血行をよくするのもオススメです。

 

いずれも日常のケアの中で行なっていただけることです。
無理のない範囲で、継続して続けていけるよう頑張ってください!


Yoomo37

サングラスを太郎くんにかけてみました。
意外に似合う!



KONTANI拝 

 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆

 

ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
世田谷店のゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
光が丘店の日々あれこれ フィルウ光が丘店ブログ 

2019年7月16日 (火)

水分補給の方法について

こんにちは、KONTANIです。

6月末まで、バイオレゾナンス検診を行わせていただきました。
予想していた以上にたくさんの方に検診を受診していただくことができ、バイオレゾナンスの認知度も上がったな〜バイオレゾナンスを体験していただける良い機会になったかな〜とちょっと嬉しくなりました。

そして、手作りごはんを取り入れて下さっている飼い主様も、昔に比べて随分増えた印象です。
ペット食育協会の尽力が感じられて、元指導士としても嬉しい限りです。
 
手作りごはんはそんなに難しいものではありません。
とは言っても、個体によって体に合うごはんは異なりますので、ご自身のペットをよーく観察しながらごはんを作っていくことはとても大事です。


例えば。
「水分補給が大切」というのはどんな年齢・状態のペットに対しても共通しています。

ですが、
「水の補給方法」で何が適しているのか、というのは、個体個体で変わってきます。

1)食事にたっぷりの水分を加えた「おじや食」での水分補給

2)お肉や魚でとった「だし汁」や「スープ」での水分補給
3)豆乳やヨーグルトなどを薄めた「ジュース」での水分補給
4)スイカや大根、寒天ゼリーなど、食品からの水分補給



ざっと思いつくだけで、このくらいの水分補給の方法がありますね。
もちろん、もっと別の方法で水分補給を行なっている方もいらっしゃると思います。

基本はどの方法で水分補給を行っても問題ないのですが、

1)の「おじや食」で水分補給をする場合

に注意してほしいことがあります。



これは経験論ではあるのですが、日常的におじや食を食べている犬の一部で、大量に食べているはずなのに太らずどんどん痩せてしまったり、空腹感・飢餓感が強く出てしまうケースを認めることがあります(比較的大型犬種に多いイメージですが、小型犬でもいます。)

それがなぜ起こるのか、という部分を論理的には説明できないのが恐縮なのですが、感覚的には「食事中の水分が多すぎることで、食材が消化吸収を十分に受ける前に胃腸を流れてしまい、身につかない状況」が発生してしまっているのでは?と考えています。


なので、水分たっぷりのおじや食を食べていて、「もう少し太らせたい」「毛艶を良くしたい」「栄養を行き渡らせたい」というお悩みを持っている場合は、食事に大量の水分を含める方法ではなく、水分と食事とは分けて与える方法をお勧めします。


具体的には、食事としては、チャーハンやお好み焼きのような水分が少なく身の詰まった内容のものを与え、食事とは別のタイミング(できれば食前食後2時間以上あけて)でスープやだし汁などで水分補給を行う、という感じです。



「え?たったそれだけで何が違うの?」

と思われるかもしれませんが、それだけの違いでも、変化が現れることが多いです。
16kgの痩せ型のわんこさんが、食事をおじやからチャーハンに変えただけで19kgまで増えました。
毛量が増えた柴犬さんもいます。
見た目は変わらなくても、定期検診で全身状態がぐっと良くなった犬もいます。



ですので、食事内容を大きく変更したり、サプリメントを与え始める前にぜひ実践してみてください^^


注意して頂きたいのは、上記の話は「体質や体調によっておじや食を控えた方が良い子がいる」というものであって、「おじや食を与えるのは良くない」と言いたいいわけではないということ。
どうしても、文字だけのお伝えだと伝わりにくく、誤解を受けることが多いのですが、おじや食を否定しているわけではありませんのでご理解いただけましたらと思います。


水分補給はとっても大切!

そして、水分補給の方法もいろいろ。
美味しいごはんを食べながら、いろんな選択肢広げていけるといいですね。

20190716

ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

KONTANI拝   

 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆
ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
世田谷店のゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
光が丘店の日々あれこれ フィルウ光が丘店ブログ 

2019年4月24日 (水)

春の検診のお知らせ

こんにちは、KONTANIです。

5月7日〜6月30日までの期間、KONTANIのクリニックにおいて「春のバイオレゾナンス検診」を行なわせていただきます。

 

20160505_ps10


内容は

・視診・触診・聴診による状態確認

・バイオレゾナンスによる体内状態のチェック
・食事に関するアドバイス
・生活習慣・環境へのアドバイス

・サプリメントに関するアドバイス
・20分程度のバイオレゾナンストリートメント
 

になります。
 


期間中に検診をご希望いただいた場合は、初診料・再診料及び相談料は発生いたしませんので、バイオレゾナンスにご興味のある方はこの機会にぜひおためしください!

 

 

【検診内容】 
身体検査、バイオレゾナンスチェック、トリートメント(約20
分)、各種ご相談(約20分)

【検診料金】
 
8,640円(税込)


【所要時間】
 
およそ1時間半

※ペットを1時間ほどお預かりさせていただいてのチェックの後、その後20分ほどご説明・ご相談をさせていただきます。

 

🐶バイオレゾナンスメソッドについて🐱
体に周波数を当てて、各種臓器の状態を探り、西洋医学とは違う視点から全身状態を把握する方法です。

 

バイオレゾナンスによる春の検診をご希望の方は、
ウェブサイトの「ご予約 紺谷獣医師」のページからお申し込みを頂くか、お電話にてご予約を承ります。

ご不明点などがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

KONTANI拝   

 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆

 

ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
三毛猫 花とゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎 フィルウ光が丘店ブログ 

2019年3月 6日 (水)

ホールフードを取り入れよう!

こんにちは、KONTANIです。

美味しいシラスをいただきまして、スタッフさんに
「シラスはホールフードだからいいんだよ〜」
と話をしたところ、スタッフさんがハテナだらけの顔で

「ホールフードって何ですか?」

とのたまいました。

ああ、そういえば改まってホールフードの話をしたことはなかったかもなぁと思い、ブログを読んでいただいている皆様にもお伝えしたことがなかったかもしれないということで、今日はホールフードについてちょっぴり語ってみようと思います。
ご存知の方は読み飛ばしてくださいませ!


皆様は、ホールフードと言う言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

ホールフードとは、その言葉の通り「丸ごとの食べ物」という意味です。
もともとは
『どの部分も捨てずに丸ごと食べられる食材』

の意味ですが、広義で
『食べ物を丸ごと、どこも捨てることなく食べる』
『食材の命を丸ごといただく』

という意味を持ちます。
日本語では「一物全体」と表現したりします。
 

『食べ物を丸ごと、どこも捨てることなく食べる』
具体的には
・穀物であれば皮や胚まで
・野菜であれば皮や種、葉っぱ、根っこまでの全て
・魚であれば頭から尻尾、骨、内臓まで

食べるということです。

ですので、
・お米なら玄米
・大根や人参は葉付き、皮つき
・魚は丸ごと食べられる小魚
・卵は有精卵

が好ましいと言えます。

実際に栄養学の観点から見ても、穀物の胚や野菜の皮や葉・小魚の骨にはビタミンやミネラルが豊富に含まれていますし、皮や芯部分も食物繊維が豊富です。特に種子や実は、そのまま次の世代を生み出せるエネルギーを持っているわけですから、生命力に満ちた食べ物と言えます。
つまり、『食材をなるべくそのままいただく』というホールフードの概念は、非常に理にかなっているとも言えます。

いかがでしょうか?
ホールフードの意味が少しでも伝わりましたでしょうか?

皮を剥くか剥かないか、野菜の葉っぱまでいただくかどうかというのはちょっとした違いに感じられるかもしれませんが、
食材にも命があること、命をいただく立場として無駄なく全てをいただくことを意識できるホールフードをぜひ、
皆様の食卓にも取り入れてみていただければと思います。
 

Yomo36

ホールフードのアミエビです。
人のごはんにも、犬猫のごはんにも、ぜひ♪
※シラスは写真を撮り忘れました…。

ちなみに、フィルウマルシェで扱っている「シャスタ」も、ホールフードの一つです!ベースサプリメントとしても非常に有能ですので、ご興味のある方はお問いあわせください。

本日もブログをご覧になっていただきありがとうございます。

KONTANI拝   

  

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆
 
ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
三毛猫 花とゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎 フィルウ光が丘店ブログ 

2019年2月24日 (日)

オイルケアと皮膚炎

こんにちは、KONTANIです。

いつものことながら、更新がとても遅くてゴメンなさい…。

 

とても嬉しいことがあったのでシェアさせていただきたいと思います。

 

先日、「脂漏性皮膚炎」でお悩みのプードルさんがご来店されました。
小さな頃からずっと皮膚トラブルに悩まされていて、手作りごはんやアレルギー除去など色々な対処をしてきたにも関わらず改善しない状況に、飼主様もとても悩まれていました。

 

ご来店時は全身が脱毛しており、乾燥して肥厚した皮膚からフケがボロボロ…。
痒くて痒くて常に皮膚をかきむしっている状況でした。

 

本来であれば、脂漏性皮膚炎のケアとしては

●皮膚に溜っている余分な皮脂をしっかり取り去る

ことが奨励されます。
マラセブやコラージュフルフルなどの脱脂作用の強いシャンプーを用いるのも、一般的な治療の一つです。

ただ、現状は『脱脂することで皮膚の乾燥が進行し、さらにかゆみが増す』という悪循環に陥ってしまっていたので、まずは皮膚の乾燥を防ぐことを優先しました。

 

方法としましては、まずは一旦、皮膚に残っている汚れ等を取り除くためにオイルを使って汚れを浮き上がらせました。今回はオイルとしてひまし油を使いましたが、オリーブオイルやココナッツオイルを使用しても良いと思います(酸化しやすい亜麻仁油やしそ油は避けましょう)。

 

汚れ等を浮き上がらせたら、いったんオイルを洗い流します。この時に、しっとり感が残る程度に洗い上げます。今回はオーツシャンプーで二度洗いしました。

 

当サロンで行ったことは以上です。

あとは、ご自宅でも皮膚が乾燥しないように定期的にオイルを塗って保護してもらいました。

 

2か月経過した時点で、

・以前に比べてかなり皮膚が柔らかくなった

・体を引っ掻く仕草がだいぶ減った

・オイルで保護することでかなりかゆみをコントロールできるようになった


などなど、非常に嬉しいご報告をいただきました。

この子にはオイルによる手当がとても合っていたようで、ホッと一安心。

でも何より、毎日の飼主様の頑張りがあってこその結果だと思います。

このまま順調に改善していきますように!

 

ただ、このオイルによる手当の難点としては、
【皮膚】の洗い上がりは非常に良いのですが、
【毛】の洗い上がりとしては残念な結果に…。

ふわふわのかわいいプードルさんにはなりません(涙)

もっとより良い手当方法がないものか、日々模索中でございます。

本日もブログをご覧になっていただきありがとうございます。

KONTANI拝   

  

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆
 
ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
三毛猫 花とゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎 フィルウ光が丘店ブログ 

2018年11月10日 (土)

ある日の下ごしらえ

  祝  ぐらんわん10周年記念書籍発売   

 KONTANIが創刊当時からレシピを提供させて頂いている
 シニア犬向フリーペーパー「ぐらんわん」から、
 10周年の記念書籍が発売されました!
 「介護をゼロにする7つの習慣
 ぜひお手にとってご覧下さい!
               
 
こんにちは、KONTANIです。

お買い物に行ったら、おいしそうなかぶを発見!しかもお安い!
そういえば、かぶの旬は秋だったなーと思い出し、旬の食材としてゲットいたしました^^

8株一盛りという大量のかぶだったので、使い切るにも時間がかかりそうだと思い冷凍保存することにしました。

野菜を冷凍保存するときには、50度洗いが欠かせません!
50度洗いとは→院長よもやま話「50度洗いのススメ

葉部分は、50度ふり洗い
20170930_50

もちろんつけ根部分もよーく洗います。
この部分に土がたくさん入っているので、しっかり洗いましょう!
20170930_502

実部分は50度でつけ置き洗い
表面の汚れもよーく落としましょう。
20170930_503

そのあと、水分をキッチンペーパーで拭き取り、使いやすいサイズに刻みます。
20170930_

フリーザーバッグに詰めて、空気をしっかり抜いて封をします。
20170930_2

このまま冷凍庫で保存し、必要な分だけ煮たり焼いたりして使います。
冷凍するときのコツは、保存容器に詰めこみすぎないこと。分厚い層で凍らせてしまうと、少量使うときに非常に骨が折れます(汗)

旬のお野菜を美味しいまま調理するのもいいですが、冷凍野菜には冷凍野菜の良さがあるんですよ!
冷凍野菜の良さはこちら→院長よもやま話「冷凍野菜を取り入れよう!

忙しいときに冷凍野菜があると、びっくりするくらい便利です。
ぜひぜひ毎日の手作り食の中に取り入れてみてください^^

KONTANI拝   
 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆
 

ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
三毛猫 花とゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎 フィルウ光が丘店ブログ

2018年10月27日 (土)

祝出版!「介護をゼロにする7つの習慣」

こんにちは。KONTANIです。

今日はうれしはずかしなお知らせです。

ワタクシKONTANIが創刊から手作りごはんレシピを執筆させていただいているシニア犬と暮らす飼主様のためのフリーペーパー「ぐらんわん!」(http://www.grandwan.com/)。

この度、ぐらんわん創刊10周年記念で、書籍が出版されました!
なんともおめでたいです!!

さらにさらに、その中に、 KONTANIが提案したレシピが多数載っているではありませんか。
創刊からご縁をいただいている雑誌の書籍化を喜びつつ、自分のレシピが書籍に載る…といううれしはずかしな状況に、ニヤニヤが止まりません笑

 

さてさて、発売された書籍はこちら。

「介護をゼロにする7つの習慣」

20181027_2
「愛犬介護・寝たきりゼロを目指します」
byぐらんわん!カイゴゼロプゴジェクト部

・シニア犬に負担をかけない運動の方法
・シニア犬の筋トレ方法
・シニア犬に消化吸収しやすい食事
・シニア犬への食事介助方法
・シニア犬のストレス解消方法

などなど…シニア犬と楽しく暮らすためのコツがいっぱい詰まった一冊です。

目からウロコの情報が盛りだくさんで、シニアと暮らす飼主さまにぜひご覧いただきたい1冊です。

こちらの書籍は、フィルウ世田谷店・光が丘店 両店店頭及びフィルウマルシェ(http://filou.shop-pro.jp/)でご購入いただけますので、お気軽に足をお運びください。

※「介護をゼロにする7つの習慣」は送料無料でご購入いただけます!

たくさんの方に手にとっていただけますように♡
KONTANI拝   
 

☆手作り食・声紋分析についてのご質問はコチラから☆
 
ペットクリニックフィルウ 手作り食の動物病院 
フィルウマルシェ 元気に長生きをお手伝いするサプリメントショップ
手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ フィルウFacebook 
三毛猫 花とゆかいな仲間たち フィルウ世田谷店ブログ 
フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎 フィルウ光が丘店ブログ 

«尿路結石症を予防しよう!