2017年7月12日 (水)

耳ケアキャンペーン開催!

こんにちは、KONTANIです。

そろそろ夏に突入ですね!
この時期になるとご相談が増えてくる「耳」のトラブル。

ペットが耳をカリカリと引っ掻いたり、頭をブルブル振るっていたり、耳からイヤーな匂いが漂ってきたり…

そんな経験はありませんか?

梅雨から夏にかけての時期は、気温と湿度が上がり蒸れやすくなる上に、体温も上がるのでかゆみが出やすくなり、外耳炎などのトラブルが急増します。

耳にトラブルが発生し、常にかゆみが存在する状態というのは、ペットにとってはかなりのストレスです。また、一旦外耳炎になってしまうと、触られるのもヤダ!になってしまう事も多々あり、お薬に頼らざるをえなくなる事も。

そうなる前の、早めのケアを心がけ、耳の中の環境を清潔に保ちましょう。

お耳のケアを行うためのオススメグッズのご紹介です。
健康な耳の状態維持にオススメ
 …ザイマックスイヤークリーナー

耳を触れられることを嫌がるペットにオススメ
 …ザイマックスイヤープロテクター

耳の汚れやニオイが気になるペットにオススメ
 …ザイマックスイヤープロテクター

diamond diamond  耳ケアキャンペーン!  diamond  diamond

8月末日まで、フィルウマルシェにてザイマックスイヤーケアシリーズを
キャンペーン価格でご提供させていただきます。

イヤープロテクター 
3300円 → 2900円(税抜き)

イヤークリーナー  
1900円 → 1600円(税抜き)

ご購入はこちらから フィルウマルシェ

diamond   diamond   diamond   diamond   diamond   diamond   diamond

お耳のケア方法などでご不明な点がある場合は、お気軽にお問い合わせください!

KONTANI拝

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年7月10日 (月)

春の定期検診プラン

こんにちは、KONTANIです。

暑い日が続いていますね、東京はもうそろそろ梅雨明けかな?と感じます。
さて、気がつけが7月も半ばに近づきまして。
5月から行わせていただいているクリニックの「春の定期検診プラン」の再度のご案内をさせていただきます。
春の定期検診プラン
(http://www.filou.jp/news/kenshin.html )

春の定期検診プランでは
◆血液検査を含めた全般検査を行わせていただく「基本検診プラン」
◆バイオレゾナンスを用いた「バイオレゾナンス検診プラン」
◆血液検査とバイオレゾナンスの両方の検査を行う「しっかり検診プラン」

という3つのプランを準備させていただいています。

「どのプランが一番いいんですか!?」

とよくご質問されますが、それは飼い主様のご希望次第ですのでなんとも申し上げられません^^;

もう一つ、よくいただくご質問に
『うちの子、見てる限りは健康なんですけど、定期的な血液検査って必要ですか?』
というものがあります。

こちらのご質問に関しては、以前回答させていただいたことがあるのですが、改めてお答えしてみたいと思います。

* * * * * * * * *

私の獣医師としてのスタンスは『病気を探し出すための検査(いわゆるドッグ検査)は必要なし。日常生活や食事にできる限りの配慮はしつつ、もし、それでも異常が生じてくるようなら、異常に気が付いた時からケアを始めればいい』というものです。

ただし、考え方はそれぞれですから、私の考えを飼主様に強要するつもりはありませんし、他の獣医師が推奨する早期発見・早期治療を否定するつもりもありません。大切なのは『飼主様がどのような状態を望んでいるか』を理解し、適切にサポートすることだと考えていますので、飼い主様のご希望を探り、必要に応じて検診検査をオススメすることもよくあります。

そして、『検査は勧めていない』と言っておきながらなんですが、健康診断としての血液検査を含めた各種検査を行っておく【メリット】は充分にあると考えています。そのメリットとは何かといいますと、「一般的な参考値」ではなく、「その子の参考値」を把握することができるということです。

健康時に血液検査やそのほかの検査を行っておくことで、異常事態が起こった時に、健康時と異常時でどんな変化が起きたのか?を比較検証することができるので、状態把握が速やかに行えるようになり、異常が生じたときの対応がスムーズになります。

また、手作り食を実践している犬猫の場合、血液検査を行うと「一般的な参考値」から外れた結果が出てくるケースが少数ですが存在します。そのことを知らずに体調が悪い時に初めての血液検査をしてピンポイントでその項目の数値に異常が発見された場合、「病気で数値がおかしいのか、それとももともとその数値だったのか」を比較することができません。ですので、手作り食を取り入ている飼主様には、健康なうちに血液検査をして全身状態を把握しておくとよいですよ!とお伝えしています。

また、万が一血液検査で不安な要素があったとしたら、なるべく薬を使う前に食事や生活習慣を変更し状態改善を試みるのも食事指導をメインとしている私の大事な仕事なので、『薬を使う前にできること』を知りたい方にも、定期的な血液検査は【メリット】があると思います。

結論としましては…
「健康診断としての血液検査は必ずしも行う必要はないけれど、行っておくことで様々なメリットがあるのも確かなので、一度受けてみられてもよいのではないですか?」

* * * * * * * * *

フィルウの春の定期検診は7月末まで行っています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

KONTANI拝

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

   元気に長生きのお手伝い       

体に優しいサプリメントショップ フィルウマルシェ

               
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年6月 9日 (金)

Q&A 手作り食を続けているのに…

おこんにちは、KONTANIです。
暑い日が続くようになりましたね!
暑くなってくると、犬はパンティング(暑くてハアハアする仕草)からどんどん体の水分を蒸発させてしまうようになるため、水分が不足しがちになります。

お散歩中やドッグランなどにお出かけの時は、こまめな水分補給を心がけましょう!

それでは本日は頂いたご質問に回答させていただきますね!

 

KONTANI先生こんにちは
2014年から7匹の猫の食事を手作り食に替え不安なときはいつも先生の一問一答を参考にさせて頂いていました。ありがとうございます。

今回初めて質問させて頂きます。
去年の夏に柴犬の子犬を飼い始めました。来た時から手作り食でワクチンも打っていません。来た時から体を痒がっていたのですが病院では異常なしでした。(回虫はいました)
最近激しく頭を振り、足の裏も舐めてただれ、口の周りも掻いていた(これは来た時からやっていたのでくせかと思っていました)ので、病院へ連れて行ったところ、アトピーかもしれない、と言われてしまいました。現在アレルギー検査の結果待ちです。

現在8か月ですが2か月のころから手作り食でアレルギーが出ることがあるのでしょうか?ネットで調べてもアレルギーが手作り食でよくなった、と言った情報しかなく、小さなころから手作り食でアレルギーが出たという情報は見つけられません。
これからどうしたらいいのか考えてしまっています・・・。

もちろん手作り食は続けたいのですが。長くなり申し訳ありません。
先生のアドバイスを頂けたらと思い質問させて頂きました。よろしくお願いいたします。

こんにちは、ご質問ありがとうございます。
また、わたしのブログをこれまでも見ていただいていたとのこと、とてもうれしいです、ありがとうございます!

大切なワンちゃんがアレルギーかもしれないとのこと、とてもご心配だとは思います。
ただ、アレルギーに関して誤解があるようですが、アレルギーというのは元々(食材に含まれる)アレルゲンに対する反応です。アレルゲンが含まれていれば、ドライフード・手作りごはん関係なくアレルギー反応は生じます

ですので、
現在8か月ですが2か月のころから手作り食でアレルギーが出ることがあるのでしょうか?

という疑問点に関しましては「出ることはあります」という回答になります。

実際、手作りごはんを食べていてもアレルギー反応が出てしまうことはざらにありますし、その場合、試行錯誤しながらごはんの内容を決めていくこともよくあります。

 

ではなぜ、手作りごはんでアレルギーが治った!という報告があるのでしょうか。

いくつかの可能性を考えて見ますと、

●手作り食にしたことで食材を選ぶことができるようになり、アレルゲンを含む食材を排除できるようになった
●手作り食にして水分量が増え、アレルゲンの体外への排泄が活発になったことでアレルギーが軽減した
●食材(アレルゲン)の問題ではなく、フードに含まれる酸化した油や添加物などへの反応だった
●食事が変わった事で腸内環境が改善し、症状が改善した

 
などの可能性が考えられると思います。
 
また、ネガティブなパターンとしては『そもそも治っていない場合はブログなどで公開されない』というケースもあり得ると思います。そのため、治っている良い報告しか目に入らない、ということはあり得ると思いますね。

 

手作り食にしたからといってアレルギーが確実に治る、とお伝えできるわけではありませんが、症状を軽減する力は十分にあるとKONTANIは考えていますので、ご負担にならないようであれば、ぜひ手作り食を継続していただければと思います!
 

アレルギー症状が出ている際の手作り食のポイントとしては、
●明らかなアレルゲンは避ける
●水分をたくさん取る(尿の色がレモン色になるくらい)

 参考:院長よもやま話「水分補給のススメ

●肉や魚はなるべく新鮮で油が酸化していないものを使用する
(できれば下準備として50度洗いができるといいです)

 参考:院長よもやま話「過酸化脂質について
    院長よもやま話「50度洗いのススメ

●野菜や穀物はなるべく消化しやすいようにミキサーで潰したりうらごししたりする
 参考:院長よもやま話「うらごしのススメ

●なるべく食事の回数を絞り、食間をあけ、消化器を休める
などでしょうか。

ただ、くどいようですが、上記のことを十分に心がけたとしてもアレルギー症状が改善しない可能性もあります。そのような場合は、「食事だけでどうにかしよう」と頑張りすぎずに、別の方向からのアプローチなども考えていけると良いと思いますよ!


以上、ざっとですが、手作り食とアレルギーに関しての見解を述べさせていただきました。

本日もご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

KONTANI拝
 

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 


   元気に長生きのお手伝い       

体に優しいサプリメントショップ フィルウマルシェ

               
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年5月27日 (土)

フィラリアの予防について その3

       
 松岡麗子先生のハーブセミナーを
 光が丘店で開催いたします!
 詳細はこちらをご覧ください!
 「ハーブ講座開催のおしらせ」

       


こんにちは、KONTANIです。
なんだかんだと、結局日があいてしまいましたが、フィラリアのお話を完結させていただきたいと思います!
みなさま、もうしばらくお付き合いくださいませ。

 

さて、前回・前々回で「フィラリア症について」と「フィラリアの薬とはどんなものか」をお伝えさえていただきました。ということで、最初の質問に戻ります。

「フィラリアのお薬は飲ませなきゃダメでしょうか?
 フィラリアのお薬に変わる、体に負担がないものはないでしょうか?」
 

現時点で、私には『フィラリアの感染を、薬以外で完全に防ぐ』ためのご提案はできません
また、フィラリア症は、集団予防の効果が非常に強い感染症です。その部分も考えると、やはりフィラリアの予防はすべきだと考えます。
ただ、お薬を飲ませることに対してのご不安を飼主様が感じられるのも無理もないことだと思いますし、その部分のご不安はできる範囲で解消しなければとは考えています。
 

ということで、KONTANIのフィラリア予防に対してのスタンスは
『フィラリアは薬で予防しつつ、同時に肝機能をサポートして解毒を促進し、腎機能をサポートして排泄を促進し、薬から生じる負担を体内に残さないようにする』
という感じです。物足りないみなさまもいらっしゃるかもしれませんが、ご容赦ください!

 

肝機能や腎機能をサポートする方法としてはいろいろありますが、一番ベーシックな方法は食事からのフォローです。
◆肝腎を補う食(酸味、鹹味など)を補強する
◆水分をたっぷりとって排泄を促す、代謝を上げる
◆食間をしっかりとって肝臓を休める時間をとる

などを意識しましょう。

Photo

食事のフォローだけでは物足りないとお考えであれば、サプリメントやハーブ、レメディなどでフォローするのもよいと思いますよ!

  
* * * * * *

肝臓をフォローするサプリメントとしては、ビタミンミネラルを含んだサプリメントが有効です。
マルチビタミン&ミネラル「ミツバチ花粉」
ブルーグリーンアルジー「シャスタ」
などなど、フィルウマルシェでもお取り扱い致しておりますので、ご興味のある方はお問い合わせください^^

* * * * * *

 

最後は、フィラリアの予防の是非について、私個人の見解をお伝えさせていただきました。もちろん、私の意見が正しい!従いなさい!ということではまったくもってありませんし、フィラリアの予防について悩まれている皆様には、ぜひいろんな意見を知り、その中でご納得のいくやり方を見つけ出していただければと思います。

 

3回にわたり、長々とお付き合いいただきましてありがとうございました!

ご質問もいくつかいただいていますので、なるべく早くお答えできるようにがんばります!


KONTANI 拝

          

体に優しいサプリメントショップ 

フィルウマルシェ

            

 

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年5月 5日 (金)

春の定期検診開始 および 連休のお知らせ

【春の定期検診プランのお知らせ&連休のお知らせ】
こんにちは、KONTANIです。
本日はお知らせを二つ行わせていただきます!

まずは、今年も行います!
【クリニック 春の定期検診プラン】のお知らせです。

私は常々「病気になってからどうやって治療するか」よりも「病気になる前に何ができるか」を お伝えすることを目標にしています。見た目がなんともない日頃のうちから、体の中の不調の芽を取り除き、スッキリ維持することが病気予防の基本です。そのために重要な役割を果たすのが”食事”及び”生活環境”、つまりご自宅でのケアになるわけですが、日常を過ごしていると、なかなか今の食事や生活環境がOKかどうかの判断は難しいですよね。

なので、食事や生活環境の見直しを行うきっかけとしての定期検診プランを、フィルウからご提案させていただきます!

詳細はこちらからご覧ください。
 →春の定期検診プラン
  http://www.filou.jp/news/kenshin.html

※世田谷店・光が丘店どちらでも受診いただけます。お気軽にお問い合わせください

 

ふたつめのおしらせ

【5月の連休のおしらせ】

下記日程において、 世田谷店・光が丘店 両店舗ともペットホテル/トリミング/トレーング/クリニックの全ての業務をお休みさせて頂きます。
ペットホテルのご予約は、上記日程に重なってしまう場合はお受けできませんのであらかじめご了承ください。

世田谷店
2017年 5月20日(土)~5月22日(月)の3日間
(24日の水曜日は営業させていただきます)

光が丘店
2017年 5月17日(水)~5月19日(金)の3日間

大変ご迷惑をおかけ致しますが、なにとぞご理解いただけますようよろしくお願い致します。

KONTANI拝

人気ブログランキング

Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年4月30日 (日)

フィラリアの予防について その2

       
松岡麗子先生のハーブセミナーを
光が丘店で開催いたします!
詳細はこちらをご覧ください!
「ハーブ講座開催のおしらせ」

       

 

みなさまこんにちは、KONTANIです。

気がつけばすでにゴールデンウィークに突入ですね!みなさまは何連休でゴールデンウィークを楽しまれるご予定ですか?

ペットホテルやトリミングのご希望がございましたら、フィルウにお気軽にご連絡くださいませ^^

 

さてさて、前回は『フィラリアについて』と『フィラリアに感染してしまった場合の危険性』についてお話させていただきました。

前回、恐怖心をあおるような文章を書いてしまったかなと思いますが、実際のところ、現在においてはフィラリア感染率および死亡率は劇的に下がっています。これは、フィラリアに有効な薬が開発されたことが大きな理由です。

実際、臨床の現場にいてもフィラリアに感染している犬をみかけることはほとんどなくなりました。首都圏に限られる状態かもしれませんが、それでも日本全国でフィラリア症の犬を見かける機会は過去に比べて確実に減っていると思います。
 

では、そんな画期的な薬であるフィラリアの薬はどのようにフィラリアに効果があるのか?を説明してみたいと思います。

そもそも、フィラリア病についてわかりにくくさせているのがフィラリア予防薬の“予防”という言葉だと思います。 獣医さんがフィラリアの錠剤を処方するときには、たいてい「月に1度、きちんと投与してくださいね!」と伝えます。 同じ寄生虫予防薬であるノミダニ予防の薬は、投与してから1ヶ月間効果が持続するため、同じように投薬後1か月間効果が持続すると考えられている方が多いだろうと思いますが、実はフィラリアの薬の効き方はノミダニの薬とは違います

フィラリアの薬は、フィラリアの感染自体は防ぐことが出来ませんが、感染してきたフィラリアが血管・心臓・肺動脈に進んでいく前に食い止める(つまりその段階でのフィラリアを駆除する)ものです。なので、正式には「予防薬」ではなく「駆虫薬」になります

“体にたまったフィラリアを、投薬したタイミングで一掃するもの”と表現すると伝わりやすいでしょうか?

投薬した時点で皮膚やら筋肉やらに寄生している幼虫を駆除しますが、効果は持続しないので、フィラリアの薬を飲んだ後にフィラリア感染蚊に刺されててしまった場合は、そのときに感染した幼虫を殺すためにまた一ヵ月以内にフィラリア予防薬を投与する必要があります。
 

なので、フィラリアの錠剤の投薬期間としては、 蚊が発生し始めてから「そろそろ最初の1回をのませましょう!」って話になりますし、 蚊が最後に出てから1ヶ月後に「そろそろ最後の1回をのませましょう!」って話になります。

そのため、地域や住居環境により、フィラリア薬の投薬期間が変わってしまうという事態が生じるんですね。
 

錠剤とは別に、注射薬も販売されています。 こちらも錠剤と作用機序は同じで体内に入り込んだ幼虫を駆除するものですが、錠剤との違いは、薬剤成分に加工を行うことで注射した成分が長期間体内にとどまり、徐々に放出される仕組みになっているため、常時(半年間)駆除が継続して行われます。

※経口タイプ・注射タイプのどちらにもメリットデメリットがありますので、どちらがより良い薬なの?と尋ねられてもお答えしかねます、ゴメンナサイ。

 

さてさて、ざっと薬の作用機序についてお話させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
次回が最後になる(はず!)と思いますので、もうしばらくお付き合いくださいませ!

 

KONTANI 拝

           

体に優しいサプリメントショップ 

フィルウマルシェ

            

 

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年4月19日 (水)

フィラリアの予防について その1

       

松岡麗子先生のハーブセミナーを
光が丘店で開催いたします!
詳細はこちらをご覧ください!
「ハーブ講座開催のおしらせ」

       

 

みなさまこんにちは、KONTANIです。

だいぶ暖かくなりましたね!
過ごしやすい時期になったな〜と思っていたら、ふお〜んと飛んでいる蚊を発見。
ああ、もう蚊が出る時期になったんだ!とちょっと身が引き締まりました。

 

蚊といえばフィラリアに直結して考えてしまう私は職業病だなと思ったりしますが、大事なことなので、この機会にフィラリアの予防についてお話ししてみようかと思います。

 

代替医療にかかわるお仕事をさせていただいているためか、飼主様からよく「フィラリアのお薬は飲ませなきゃダメでしょうか?フィラリアのお薬に変わる、体に負担がないものはないでしょうか?」というご質問をいただきます。
やはり、必要とはわかっていても、毎月毎年お薬を飲ませ続けなければならない、ということに対してご負担に感じられる方が多いようです。

なるべくならお薬を飲ませたくない、というご不安やご心配はよく理解できるのですが、ただ、私はフィラリアの薬は飲ませるべきだと思います。

それはなぜか?ということをお伝えしようとすると、そもそもフィラリアとはなんぞや?というところからお話しする必要が出てきますのでちょっと長くなってしまいそうですが、皆様、よろしければお付き合いください!

 

まずは《フィラリア》というものについてお話させていただきますね。

フィラリアは正式名称を「犬糸状虫」といい、犬(や猫)の体内に寄生する“寄生虫”の一種です。
フィラリアは体内で成長し、そのうち心臓や肺動脈に住み着きます。そうめんのような形状をしており、成虫になると最長30cmほどにもなります。

最長30cmって、結構な長さですよね!
そんな大きな寄生虫が心臓や肺動脈に住み着いてしまったら、血液の流れが悪くなったり心臓や肺動脈になんらかの障害が生じてしまうのはなんとなくイメージしていただけるのではないかと思います。

それでも、少数の感染でとどめることができれば大きな問題とはならずにやり過ごすことはできますが、感染を繰り返し寄生するフィラリアの数が増えてしまうと、心臓や肺動脈の機能異常を起こし、命にかかわるトラブルに発展してしまいます。
実際、一昔前の犬の死因として、フィラリア症はかなりの割合を占めていました。“犬の成人病”といわれるほどよく見かける病態でもあったのです。

フィラリア感染が他の寄生虫感染症と比べてやっかいだなと私が感じるところは大きくふたつあります。
ひとつは「感染しても重篤化するまで症状がでないこと」
もうひとつは「成虫まで成長してしまうと簡単に駆虫ができないこと」です。

腸に住み着く寄生虫に感染した場合であれば、下痢をしたり血便をしたりすることで発見できることが多いです。また、駆虫薬で駆除しても便で一緒に排泄されるので、スムーズに治療が進みます。
ですが、フィラリアは血管内に寄生しているため、痛みや不快感などの症状が表れにくいこと(犬的にはあるかもしれませんが、私たちにはわからない)と、すでに心臓に成虫が存在している状況でフィラリアを駆虫してしまうと、フィラリアの死骸が血液に乗って全身にめぐり、末端の血管に詰まってしまうことがあります。
血管詰まってしまうと、詰まった先の部分に血液が流れなくなってしまいますから、その先に存在する臓器や組織が壊死してしまうという怖い事態が生じてしまうことになってしまいます。

※万が一、成虫感染を起こしてしまった場合には手術となる場合もありますが、心臓にフィラリアが寄生しているということはそれが原因で心臓が弱っているということですから、手術の負担や危険性も相当なものです。それなのになぜ手術をするのかというと、危険だろうが負担がかかろうが、手術しなければどうしようもない状態ということなんです。
獣医としては、そんな状態になる前に食い止めたい、そう思います。

 

フィラリア…最近は感染している犬を本当に見かけなくなってしまったので、危機感を感じない環境になってしまったなと思いますが、本当に怖い病気です。蚊に刺される環境があれば、年齢や健康状態などの条件に関わらず、どんな犬でも感染する可能性があるということもあわせてご理解ください。

とりあえず本日はここまでで!
次回は予防薬についてお話しできればと思います。
なるべくスムーズに更新できるように…頑張ります!

 

KONTANI 拝

           

体に優しいサプリメントショップ 

フィルウマルシェ

            

 

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年4月 2日 (日)

松岡先生のハーブセミナー開催のお知らせ

こんにちは、KONTANIです。

4月から、フィルウのセミナースペースを利用して、松岡麗子先生のハーブ講座を開催させていただくことになりました。

全4回、それぞれ内容は異なり、一回一回での受講ももちろん可能です。

4月13日(木) : 肝臓強壮チンキ講座
4月20日(木) : 手作りごはん・食材選び講座
5月11日(木) : シニア期のチンキ講座
5月25日(木) : 免疫力アップ講座

 

〜内容紹介〜
第一回 4月13日(木)

「肝臓強壮ハーブでチンキ剤を手作りしませんか?」

4月になり、そろそろ狂犬病の予防接種やフィラリア・ノミダニ予防の季節になりますね。
それらはさまざまな危険から身を守るために必要なお薬ではありますが、解毒組織である肝臓にはやはり負担がかかります。
西洋の漢方とよばれるメディカルハーブを使って、肝機能をサポートしましょう!常備薬としても備えておくと便利です。

【受講料】 6000円(チンキ剤材料費込み)

【持ち物】ハーブチンキ剤を持ち帰る用のガラス瓶(200ml程度)を煮沸消毒してお持ちください。


第二回 4月20日(木)

「食材の持つ力を、薬膳学やメディカルハーブを通して考えてみませんか?」

手作りごはんの主な食材は、肉・魚などのタンパク源、穀類などの炭水化物、野菜、果物、油脂。これらの働きを考えてみましょう!

  講座内容
  ・手作りごはんのメリット
  ・食材の選び方
   食材の四性五味
   野菜のフィトケミカル
  ・おやつにも大切な食事に

【受講料】 5700円
受講者の方には薬膳おやつをプレゼント!

 
第三回 5月11日(木)

「シニア犬をケアするハーブチンキ剤手作り講座」

高齢犬へのハーブ療法は、加齢に伴って低下する機能を強壮します。栄養補助として使われるハーブ、免疫機能を高めるハーブ、肝臓強壮ハーブ、泌尿器系機能を強化するハーブ、神経系強壮作用するハーブなどがサプリメントとして利用されています。シニア期に使われるメディカルハーブオート麦、ホーソンベリー、イチョウ、マシュマロウ、アルファルファを使ったチンキ剤を紹介します。
チンキ剤を手作して健康維持に役立てて下さい。

【受講料】 6200円(チンキ剤材料費込み)

【持ち物】ハーブチンキ剤を持ち帰る用のガラス瓶(200ml程度)2個を煮沸消毒してお持ちください。


第四回 5月25日(木)

『免疫力アップ講座』

体に侵入した病原体の攻撃から体を守る仕組み“自然免役“はあらゆる生物に
備わっています。この免疫の力は加齢とともに衰えていきます。免疫力が下が
るとあらゆる病気を発症するリスクが高まります。免疫力を高めて病気の予防
に役立てましょう!

講座内容
  1)自律神経のバランスと免疫力
  2)腸内環境と免疫力
  3)免役を活性化する食餌
  4)適度な運動
  5)薬の影響

【受講料】 5700円
受講者の方には腸内環境を整えるバイオジェニクをプレゼント!


** メディカルハーブとは?? **
ハーブはよく効くけれど、メディカルハーブってなにか違うの?
という疑問を持たれる方がいらっしゃるかもしれません。
大義ではハーブの中にメディカルハーブが含まれます。メディカルハーブは健康維持や病気の予防・ケアなどに用いられる、何らかの機能を有するハーブを意味しています。

ハーブは身近にあるものですが、以外にその使い方・効能などは知らないことだらけですよね。松岡先生のセミナーでは、ハーブをメインに、手作り食や中医学の知識をおりまぜたもりだくさんな内容です。ご興味のある方は、この機会にぜひ受講されてみませんか?
 

受講をご希望の場合は、松岡先生のホームページ内お問い合わせメールよりお申し込みください。

                         

松岡先生のホームページはこちら → https://www.dogcafe-bale.com/                         

                         

皆様からのお申し込みをこころよりお待ち致しております!

KONTANI拝
 

人気ブログランキング
Photo


 
 
手作り食・声紋分析についてのご質問は
下記フォームよりお願い致します。
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎 

2017年3月13日 (月)

新サービスの導入および既存サービス料金変更についてのご案内

いつもご愛顧いただきましてありがとうございます。

2017年4月1日より、サービス向上を目的としまして、新制度を導入させていただくことになりましたことと、既存サービスの一部料金を変更させていただくことになりましたので、そのお知らせになります。

《新制度》
・ホテルおよびトリミングにおけるシニア対応サービス・シニア対応料金の導入
・トリミングにおけるお誕生月特典サービスの導入

《既存サービスの料金変更》
・ホテルの長期割引対応日数の変更
・早朝時間外料金変更

各種変更により、みなさまにはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を承りますようお願い申し上げます。

新サービス内容および変更内容に関しましては、各店舗スタッフに直接お問い合わせ頂くか、フィルウホームページでご確認ください。
 

 

看板猫・はなちゃんもシニアに突入です。
なるべく元気で長生きしてほしいものです^^

20170313



   元気に長生きのお手伝い       

体に優しいサプリメントショップ フィルウマルシェ

               
 

  【ペットクリニック フィルウ 手作り食 の 動物病院

  cloverFacebook【手作り食を楽しむ ペットホテルフィルウ】
   → http://www.facebook.com/pethotel.filou

  hairsalonフィルウ世田谷店のブログです♪
   → 三毛猫 花とゆかいな仲間たち

  restaurantフィルウ光が丘店のブログです!
   → フィルウ光が丘店の日々あれこれbyモフ猫太郎

2017年1月29日 (日)

フィルウ特選サプリメントセット、販売再開です☆

こんにちは、KONTANIです。

今回はフィルウマルシェよりお知らせです。

昨年好評をいただきましたフィルウ特選サプリメントセット
「シニアいきいきセット」(詳細はこちら
「もりもり元気セット」(詳細はこちら
の販売を再開いたします!

フィルウから皆様へ、元気で幸せな1年を過ごすためにおおくりする、お得なサポートセット(通常3100〜3200円相当)を送料込みで2700円(税抜)で販売させていただきます。
3月末日までの限定販売となりますので、ご興味のある方はお早めにどうぞ!

※スマートレターでの配送となります。他の商品との同梱はお受けいたしておりませんので、あらかじめご了承ください。

※今回はフィルウマルシェ限定の販売です。店頭でのお受け取りをご希望の場合は、マルシェにてご注文時に『店頭受け取り』を選択してください。

 
 
ウェブショップ『フィルウ マルシェ』はこちらから。 
↓  ↓  ↓  ↓

http://filou.shop-pro.jp/

«プチ体験談☆シャスタ